2006年03月24日

大東そば@パラダイス通り

久しぶりにパラダイス通りの大東そばへ行った。
5年ぶりくらいか。
この辺ってかわいらしいカフェや店が並んでいる
洒落たエリア。

確か前は花笠店という文字が
ドアに表示されていたはずだけど。。
たぶん同じ店よね。

soba345.jpg

あの頃といえば
今よりもっと未熟なそば好きだった。
タダタダ沖縄そば屋の場数をこなすのみの日々。
当時食べたそばの記憶って実はとっても薄い。

なので初めてのキモチで大東そばにのぞむ。

入り口入ってすぐのカウンター席に座る。
大東寿司そばセット1000円にした。
カウンター越しにお兄さんが寿司を握るのが見える。
寿司のタイミングに合わせて
奥の方では麺をゆでている。

soba344.jpg

麺は太くてコシが強い。
もちもちして味がある。
木灰と海水が練り込まれているらしい。

麺を噛んだら
昔大嫌いだった「すいとん」を思い出した。

噛むほどに広がる旨味。
今はむしろ嫌いじゃない。

麺だけ思いっきり残している人がいた。
個性的な麺だからなぁ。
でももったいないなぁ。

スープにも南大東島の海水が使われるとか。
若干ノドが渇くけれど
この麺だからこそか。

soba343.jpg

コブリの大東ずしを口に放り込めば
さわやかな酸味が広がる。

「スープ」「麺」「寿司」の3つがそろってこそ
大東そばの醍醐味を十分に味わえるような気がしてきた。

南大東島にある本店の味をぜひ味わってみたい。
今年の離島の旅の最有力候補は
南大東島かな。

でも屋久島にも行くしなぁ。。

住所:那覇市牧志1-4-59
TEL:098-867-3889
営業時間:11:00〜22:00

※関連サイト
南大東島ホームページ


posted by くらげ at 22:27| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

嘉手納そばと福の神

基地の真ん前 嘉手納そばに入った。

soba339.jpg

目の前に広がる
だだっ広い嘉手納飛行場のおかげなのか
店内は光がたっぷり入ってきて 
かなり明るい。

席につくと
TV中継はWBC韓国戦真っ最中。

メニューにオススメと書いてあったので
嘉手納そば(550円)にする。
みそおにぎり2コで150円も一緒に注文。

soba340.jpg

こういうモチモチ系の中太麺って
沖縄そばを食べてるゾという
実感が妙に湧いてきて
嫌いじゃない。

スープは豚・カツオベース。
こってりおいしい。
麺とのバランスがいい。
トッピングの卵、
三枚肉、軟骨ソーキもいい味。

さすが40年の歴史。
老舗の味である。

壁にはオープンの頃、
改装前のお店の写真がいくつか掛けられていた。

その中に奇妙なセピア調の人物写真も。

どう見ても江戸時代 どう見てもナイチャー。

気になって店の人に尋ねたところ
商売繁盛の福の神として名の知れた
江戸末期の仙台に生まれた
仙台四郎(せんだいしろう)という実在の人だそう。

soba346.jpg

なんでも四郎が立ち寄る店は、必ず繁盛。
逆に四郎が見向きもしない店には
福は来なかったとか。。

仙台四郎にあやかって
嘉手納そばの歴史はまだまだ続きそう。。

福の神になった少年―仙台四郎の物語

住所:嘉手納町字屋良1075-2
TEL:098-956-4584
営業時間:10:00〜20:00

※関連サイト
嘉手納町と嘉手納基地
福の神 仙台四郎
四郎の会
posted by くらげ at 22:53| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

麺そーれそば 八重瀬店

今日は暴風が吹き荒れて
まるで台風みたい。
これが春の嵐
「二月風廻り(ニンガチカジマーイ)」というやつか。。
冷たい北風に飛ばされそうになりながらも
相変わらず原チャリで走っていた。

今日のそばは
麺そーれそば 八重瀬店。
うるま市の本店についで
これが2号店になるのかな。

那覇から国道507号線を
真っ直ぐ東風平に向かって走る。
南部商業を通り越しさらに行くと
右手に大きくそば屋の看板が見えてくる。

駐車場、店内ともに広い。
券売機で
麺そーれそば大550円
八重山そば大550円
ジューシー150円を購入。

店内かなり混んでいてた。
そばが出てくるまで若干待った。

soba336.jpg

soba337.jpg

八重山そばの方は石垣から直送の
いわゆるパスタのような丸麺。
ピーヤシをたっぷりかけていただく。

麺そーれそばの方の麺は
亀浜か?

スープは鰹ベースのスッキリ味。

しかし亀浜風の細平麺に
醤油色のスープというのは
なんだか珍しい気がしたけど 気のせいか。
細平麺には 色のない透明のスープという印象があった。

三枚肉、ロース肉の味付けは
ていねい。

ジューシーがたっぷりでおいしかった。

そばの他にもチャンプルーに
カレーやとんかつなどもメニューも。
時間は2時近くになっていたけれど
入れかわりたちかわりお客さんが入ってくる。

soba338.jpg

「二月風廻り(ニンガチカジマーイ)」の次はうりずん。
沖縄はもうすぐ初夏になる。

※関連サイト
二月風廻り
posted by くらげ at 22:51| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

沖縄そば 清風(セーファー)寄宮店

今日中古マンションを見てきた。
超破格。首里。海見える。緑見える。
バルコニーは部屋と同じぐらいの広さ。
一瞬即決しようかと思ったほどだが
なんだかしっくりこない。

ネットで調べていてなんかわかってきた。
トイレが部屋の中央にあった。
風水でいえば鬼門らしい。

あの気持ち悪さって これなのか。 
なんかあきらめる理由づけができたかな。。。

さて 今日のそばの話。

最近2号店、3号店オープンというのが
沖縄そば屋業界では流行なのか。
先週は 玉家3号店。
今日は 麺そーれ2号店が八重瀬町にオープンと聞きつけ
507号向けに走っていた。

寄宮交差点で
「あっそば屋。 そば屋清風 寄宮店」の
貼り紙に引き寄せられる。
「清風」といえば糸満 真壁近くの瓦屋のおそば屋さんだ。
麺そーれ2号店はおいといて
そのまま矢印に誘われて住宅街に進んでいった。

住宅街 3階建ての住宅一階部分に
屋台風のおそば屋さん「清風」があった。

soba330.jpg

本店と同じ紅型模様のれんをくぐり 
カウンター席に座る。
といっても席は6、7名が座れそうなカウンター席のみ。
厨房目の前でお店の人との距離は極近。

オーダーしたのは沖縄そば大600円、
ソーキそば大700円。

soba331.jpg

soba332.jpg

麺は細平麺。亀浜かなぁ??
スープはあっさりしていてほんのり醤油色。
ソーキはしっかりした味。

サービスで白いご飯がついてくる。
そばにはいなりかジューシーがありがたいのだけど
キムチと大根の酢の物が用意されているおかげで
ご飯が進んでしまった。

soba333.jpg

そういえば 糸満の本店では
杏仁豆腐をいただいただけで
まだおそばを食べたことがなかった。

寄宮店は
2月28日オープンしたのだそう。

soba334.jpg

住所:那覇市寄宮3−7−6
posted by くらげ at 21:24| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

玉家3号店「すばやー かぁちゃん」

捨てる神あれば拾う神ありな一日のスタート。
久々にいい気分なんだけど
なかなか人には理解されそうもないので
まぁこのくらいに。。

昨夜
「ちゅらかじとがちまやぁ」てんもりさんのブログに釘付け。
玉家3号店オープンの記事。
ついにかぁ。。
はやる気持ちを押さえつつ
浦添に向かった今日の午後。

場所はJICA近く。
黄色い玉家ののぼりがはためいていた。
店の名前は「すばやー かぁちゃん」。
なんで?

soba328.jpg

店の前には路駐の車が連なっていて
すでに行列かと思ったが
中に入ってみたら 空席あり。
店内は1号店より若干広めな感じ。

券売機で食券購入。
三枚肉そば大550円と
豆腐そば大650円。
ジューシーは無料サービス。

カウンター席に座る。
テーブルにはお馴染みの熱いお茶、冷たい水、
ふーちばーのセットが並べられてる。
3号店はセルフサービス。
番号を呼ばれ自分で取りに行く。

soba327.jpg

soba326.jpg

久しぶりの玉家のおそば
スープは味、見た目ともにスッキリ。
血圧高めなのだが ついつい完飲。
最後まで飲み干せるスープって滅多にない。

豆腐そばの方を少しだけ味見。
豆腐の塩気の分 じゃっかん濃いめな味。
スープも豆腐もアツアツでヤケドしそう。

気になるのは店名。「かぁちゃん」。
ヒントになる玉家店主の句が壁に。。

soba329.jpg

そっか。
うちなーんちゅのソウルフードといえば沖縄そば。
ウチのおそばが一番美味しいなんて
うちなーんちゅうはよくいう。

なかなか一番になれない玉家そば。。

かぁちゃんのそば=一番のそば。
玉家さんの沖縄そばへの謙虚でいてアツイ情熱が
「かぁちゃん」に込められてるんだろうか。。
なんて勝手に解釈した。

オープンしてまだ10日ほどらしい。
昼時に行ったが
帰る頃には数人の客が残っただけだった。

たぶんこれから
また すごいことになるんじゃないか。。

住所:浦添市前田1−3−1
TEL:098−874−0121
定休日:水曜日
posted by くらげ at 21:58| 沖縄 ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

北谷の ちゃたんそば

水場を求め またもや「ちゅらーゆ」へ。
回数券購入したので
ついつい足しげく通ってしまう。。
1回たった600円で まぁ心地いい。。

せっかくなので昼は
北谷エリアのおそば屋さんへ。
58号線沿い 
最近オープンした「ちゃたんそば」へ行った。

soba323.jpg

1時過ぎてたけど 結構込んでた。
家族づれ カップル いろいろ。
店内もキレイ。

ガラスケースの中のディスプレイをチェックし 
券売機で食券購入。

ふーちばーそば580円
ちゃたんそば630円 いなり2個100円にする。

soba325.jpg

soba324.jpg

出てくるのが早かった。
ほんの数分。

麺は自家製とのこと。亀浜麺似の形状。
スープはあっさりしてると思いきや
若干塩分高めだったか。。私には。

店の名前と同じ「ちゃたんそば」は
薄めのチャーシューのような肉 もやしなどがトッピング。
見た目ラーメン風。

そば以外には
ゆしどうふ定食 中身定食などの
定食メニューも充実。

駐車場も広い。58沿い。
車の人には利用しやすいおそば屋さんかも。

沖縄@空間サイトで クーポンをプリントアウトすると
「かつお菜めし」なんていうサービスがあるそう。

住所:北谷町北前1−6−6
TEL:098‐936-7700
営業時間:11:00〜21:00
定休日:なし

関連サイト
沖縄@空間クーポン ちゃたんそば
ちゅらーゆ
posted by くらげ at 22:31| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

沖縄そば専門店 昭和そば

先日のちゅらーゆへの道すがら
立ち寄ったのが「昭和そば」。
コザから北谷町ハンビーに移転オープンしたという。
格子窓から
ちらっと海が見えるおそば屋さん。

soba321.jpg

soba322.jpg

ゆし豆腐がのっかった昭和そば中550円、
三枚肉そば中500円、
ジューシー150円をオーダー。

soba319.jpg

soba320.jpg

スープは鰹だしがきいて、パンチ強め。
ゆし豆腐は温かいともっといい。
かまぼこは、さつま揚げ風のがトッピング。
麺、、どうだったっけ。。

昔懐かし昭和の味をご賞味下さいと
確かどこかに書いてあったけど
昭和の沖縄そばって、今とどう違うんだろう。
違いがよくわからないまま
店を後に。

そうそう、BGMはジャズとTVの音の
ちゃんぷるーだった。

これってなんか昭和なかんじ?

住所:北谷町北前1-17-1
TEL:098-936-9901
営業時間:11:00〜20:00
定休日:無休
posted by くらげ at 20:27| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

安謝のかまでーや

先日、新都心に新しくできたおそば屋さんへ行った。
プレハブ風のつくり。
周りは広い駐車場スペースに囲まれてる。

soba301.jpg

店内、座敷にテーブル席。結構広い。
テーブル席に座る。

沖縄そば大(550円)、ジューシーを注文。

soba302.jpg

こちらの麺は「西崎製麺所」の麺らしい。
花輪が飾ってあった。
ネジレノ無い麺。コシがしっかりしている。

麺といえば、未だ亀浜麺ぐらいしかわからない。
どうも店のヒトに聞けない。

肉の味付けも好みだったし、
スープもすっきりしていた。ていねいな味のおそば。

この店のテーブルを見ると、
店のスタイルというかていねいさや、
几帳面さや、繊細さや、いろいろが見えてきた。

ガラステーブルの中、
貝殻のディスプレイ。。
こういうの、おそば屋さんで初めて。

soba303.jpg

たまたまかもしれないけど
このお店にもなにやら+αがあって、
ゴーフルみたいなお菓子に、
たんかんなども食後にいただけた。

こういうのがあると
ついついゆっくりしてしまう。。

住所:那覇市安謝1-17-26
TEL:098-863-0127
営業時間:11:00〜20:00
posted by くらげ at 22:56| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

あぐーの「あがり家」

久しぶりに酷い鼻かぜを引いてしまったせいで
花粉症の辛い日々を思い出した。

花粉症の季節はそろそろだったか。

内地に住んでるときは、
この時期ずいぶん苦しんだ。
スギ花粉が飛ばない沖縄は楽園だ。
住む価値は大いにある。

というわけで、
ハナズルズル、ナミダボロボロ状態。
それでもおそばだけは食べに行く。
原チャリで走る。

浦添伊祖店敷地内にオープンしたばかりの
「あがり家」を目指す。

soba318.jpg

なんでも、幻の豚アグーを使っているのだとか。

このエリア、マックスバリューをとり囲むように
集合住宅が建ち並んでいる。なかなか人の出入りがある。
家族連れが多いようだ。

黄色のアグーの旗に導かれ、店に入る。
ランチタイムでほぼ満席。子連れ率80パーセント。
オープンしたての店内はキモチがイイ。

カウンター席に座る。

オススメマークつきの
あぶり軟骨ソーキ(690円)に
沖縄そば(540円)、ジューシー(190円)を注文。

soba316.jpg

soba317.jpg

別皿の軟骨あぶりーソーキの肉がアグーなんだろうか。
美味しい。軟骨のイメージ変わった。
ご飯の上にのっけて、
甘辛のたれでもかけてどんぶりにでもしたくなる。

麺は、たまごでも練り込んであるような濃いめの黄色。
不ぞろい。もっちり。個性的。

スープもカツオベースでスッキリ目。

このお店、なんといっても+アルファーがうれしい。
ふーちばー、追いがつお、黄色いたくあん、クッキーに黒糖
ランチタイムのフリードリンク。
盛りだくさんであった。

次から次へお客さんが入ってくる。繁盛してる。
店員の人たち、いそがしそう。

子どもたちの笑い声、泣き声のすき間から
控えめに聞こえてきたお店のBGMは、ジャズだった。。。。


住所:浦添市伊祖2−19−3
TEL:098-877-2430

※関連サイト
花粉症*ナビ
posted by くらげ at 22:12| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

沖縄そば屋近日中オープン。。だって

イイんだか、ワルいんだか
後遺症(筋肉痛)は全くない。
わずかに足の裏にのこる違和感のみ。

今回のてだこウォーク、
今までワイドで見てた沖縄を
ほんの少しばかりマクロで見ることができた。

初めて「末吉宮」を見た。

首里末吉公園の奥深く、
森の中をずんずんすすんでいったら
うっそうと茂る緑の中にひっそりと、
鮮烈に朱色の末吉宮は佇んでいた。

soba312.jpg

斎場御嶽(セイファーウタキ)を訪れた時、
空を見上げた時の感覚がなんだか甦ってくる。

もう行くとこないなぁと思ってたけど、
私の知ってる沖縄なんて
たかがしれている。。
まだまだ、だ。

今度ゆっくりまた来よう。

末吉宮への道の途中に見つけてしまったのが
そば屋近日中オープンの看板。

soba313.jpg

赤瓦の民家。ひんぷん、石垣あり。
すごく惹かれる。

オープンしたら「御殿山」や「真壁ちなー」みたいに
評判になるんだろうなぁ。

生麺じゃないことを祈りつつ
オープンするのをじっと待とう。

しかし近日っていったいいつだろう?

※関連サイト
末吉宮
末吉公園
posted by くらげ at 21:40| 沖縄 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

一銀スーパーで名護そば

昨夜のちゅら〜ちゅ、
欲張って長湯したせいか湯アタリ気味だった。
頭痛で目が覚める。

ライブドアショックの最中
今日は株講座に誘われ行ってきた。
株式の分析方法をグラフを元に興味深く解説。
今年は百貨店、スーパー、小売りがイイらしい。

サンエー株式募集、売出しに
ココロ動かされる。

講座修了後、
久茂地の一銀スーパー内にある食堂へ。
24時間営業しているらしい。

カウンター席に、テーブル席。
15人ぐらいが入れそう。
店に入ると、スーパーのレジにいたお姉さんが
食堂の方にきてオーダーとりにきてくれた。

名護そば(500円)、
ソーキそば(600円)とジューシーを注文する。
麺は細麺と平麺から選べる。
名護そばというからには、
やっぱり平麺でいきたい。

soba304.jpg

soba314.jpg

soba315.jpg

ソーキはかたまり3つも入っていた。
さらにポークにかまぼこ。
名護そばの方は、細かく切られた三枚肉。

名護の平麺はうどんのようで懐かしい食感。
スープには独特の風味を感じた。
気のセイかもしれないけど
酢とラー油、にんにく、
ちょっぴり餃子の風味?

まぁ、これが悪くなかったが。。

定食のお客さんが前にいたので
結構そばがでてくるまで時間がかかった。

でも、カウンター内でモクモクと働く
おばちゃん二人の姿を見てたら、
時間がたつのも忘れてしまう。
私もちゃんと働こう。

「ごちそうさま」といって店を出ようとしたら
おばちゃんが「またきてね」と
声をかけてくれた。
そのさらっとした言い方がきもちよかった。

こういうひと言って
けっこうヒビク。

soba307.jpg soba308.jpg

住所:那覇市久茂地2−12−3
TEL:098-868-1558

※関連サイト
サンエー
posted by くらげ at 20:19| 沖縄 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

そば処 ゆうなみ

敏感なたちで
音が結構気になる。

夜は音があると寝られないほう。。

さて先日、安里の栄町市場近くに
新しいおそば屋さんがオープンしているときき、
さっそく行ってきた。

あにきさん、ありがとう。

「そば処ゆうなみ」へ。

soba300.jpg

店の外壁には竹があしらわれていて、
和のテイスト。
広い店内。
座敷、テーブル、カウンター席がある。
数えてみたら、
ざっと100人はゆうに入れそうだ。

soba299.jpg

表看板の
チキンそばというのが気になったが
三枚肉そば大600円、
野菜そば大600円、ジューシーをオーダー。

スープは鰹出汁であっさり透明。
麺は細平麺。
三枚肉そばには麺が隠れるほどに肉が
のっかっている。
脂身が気になったが、薄めのスライス。
味つけは悪くない。

久しぶりに野菜そば食べてみる
沖縄そばに野菜炒めをのっけただけなのに
ホントおいしい。合う。
野菜のうま味と油が麺とスープにからんで
風味がぐんと増す。

soba297.jpg

soba298.jpg

山盛りのジューシーもおいしかった。

BGMは有線だろうか。
そばを食べてる間
RIP SLYMEとかヒップホップ系の曲がずっと流れていた。

そばにジャズという店はあったけど、
沖縄そばにヒップホップとは、新しい。
そして窓の外には竹。。

音には人それぞれの好みやイメージがある。
映画なんかは音楽次第で全体のイメージが変わる。

沖縄そば屋さんのBGM

どうやら個人的には沖縄そばには
テレビの音というのが
一番心地いいというイメージがあるようだ。

住所:那覇市安里387−1
TEL:098-885-4777
営業時間:11:00〜18:00
posted by くらげ at 22:38| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

与那国すば

飽きもせず週末は
沖縄そばを食べに行っている。

ひとつのおそば屋さんに執着することもなく
足繁く通うことは滅多にない。

できるだけ、
初めての店を探し求める。

少し前になるけど
曙、臨海時近くの「与那国すば」へ行った。

soba293.jpg


オーダーしたおそばは、
ソーキすばセットと
与那国すばセット。
与那国すばの方は三枚肉と軟骨ソーキ。

soba291.jpg

soba290.jpg

お肉が特に美味しかったなぁ。。
しっかりと煮しめられていて、
柔らから過ぎず固すぎず。
ていねいな味付け。

細平麺にこってり目のスープ。
セットは、
ジューシー、ぜんざい、小鉢がついていて大満足。

与那国そばの特色といえば、
私の知っている限りでは
生のおろしショウガ
がトッピングされてるということだった。

この店では
面白い薬草がそばと一緒に出てきた。
「長命草」という。和名がボタンボウフウ。
海岸の断崖や岩場に自生する生命力の強い植物。
滋養強壮・高血圧・動脈硬化・神経痛・風邪などに効く。
八重山諸島では神事に欠かせないという。

soba292.jpg

独特の香りと苦味があった。
与那国島では、「長命草」で町おこしなのだとか。

住所:那覇市曙1-21-10
TEL:098-861-9078
営業時間:11:00〜17:00
定休日:日曜日

※参考サイト
長命草
posted by くらげ at 21:45| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

宮古そば いなか(田舎)

「宮古そば」が店の名前だと思いこんでいた。

店の写真をよーく見たら
黄色いシートに大きく赤字で
「宮古そば」、
その横にこじんまりと
 「家庭料理 いなか(田舎)」とあるのに気がついた。

soba296.jpg

安謝の「宮古そば いなか」に行ってきた。
場所がわかりにくかった。
途中人に尋ねてやっと辿り着く。

うわさどおり、民家、人んち、生活感溢れる店内。
窓際のテーブル席に座る。
庭が荒れてアートしていた。

壁に貼られたメニューを見る。

ソーキそば350円、
宮古そば500円をオーダー。

ソーキの安さに驚く。
壁に、うちのソーキは軟骨です。
と書かれていた。
まぁ、それにしてもリーズナブル。

soba294.jpg

150円の差は、トッピング。
軟骨ソーキはしっかり味がしみて、
若干固めに煮しめてある。
ぐにゅぐにゅ系が苦手なので、
こういうのはOK。
宮古そばの方は、
ロース肉?に宮古かまぼこ。

軟骨ソーキの方が個性があって
私は好みだったな。

おそばは細平の宮古麺。
食べてるときは気にならなかったけど、
スープは見た目よりこってり。

宮古そばといえば、
なぜか黄色いたくあん。
やっぱりここにも。

店に入ったのがすでに遅かった。
テーブルに置かれたタッパの中には
残りわずかの黄色の切れっ端がちょびっと。

soba295.jpg

住所:那覇市安謝186番地
定休日:日曜日
営業時間:11:00〜21:00
posted by くらげ at 21:38| 沖縄 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

すば処 尚

年末に福州園近くで見つけた
おそば屋さん「すば処 尚」へ行ってきた。
昨年10月にオープン。

soba282.jpg

店内は、テーブル席、カウンター席、座敷席。
壁にはメニューがずらり。
コーヒー、紅茶、ホット、アイスの
容器が立ち並んでいる。
自由に飲めるようだ。

soba283.jpg

この店、とにかく盛りだくさん
なんでもあり。

スープは鰹出汁のあっさり味、
豚骨のこってり味の2種類から
麺も細麺と太麺の2種類から選ぶ。

ジューシー、いなり、ぜんざい、定食、レディースセット、
ゆし豆腐そば、軟骨、ソーキ、三枚肉、てびち。。。
大・中・小、至れり尽くせり。

いろいろ迷って、
定食A650円で、あっさりスープに細麺。
定食B650円で、こってりスープに太麺をオーダー。

soba281.jpg

soba280.jpg

こってりの方は、豚骨ラーメン風のスープ、
若干とろみがあるタイプ。
私は鰹ベースのあっさりの方が好みだった。
細麺は亀浜麺のようだ。

おそばがメインのつもりでいたけれど、
実は、定食のおかずの方に気をとられてしまた。

あっさりの方の定食は昔コロッケを選択。
これがカリカリして美味しかった。
コッテりが、てびちのおでん。
トロトロ。

とってもうれしいセットではあった。
しかし、そばを食べたという印象が
あまり残っていない。。

お店のコンセプト、なかなかのインパクト。
沖縄の歴史「護佐丸、阿摩和利の乱」に
なぞられているのだろうか。
どっちがどっちか忘れてしまったが
2種類のスープはそれぞれ、
確か「阿摩和利」と「護佐丸」と
ネーミングされていた。
店名の尚も同様か。

先週は麺やスープの選択を迫られる店が続いた。
優柔不断なので、自分で選んでおいて後から後悔したり
迷ったり。

絶対に一番いい選択をしたい=欲張りなので
優柔不断になるということらしい。

住所:那覇市久米2丁目14番8号
TEL:098-862-3976
営業時間:11:00〜19:00
定休日:日曜日

※関連サイト
沖縄の歴史
posted by くらげ at 23:04| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

与那原そばの「みつくら食堂」

新年早々、歯医者だった。
治療終了後
麻酔が効いた状態でそば屋を目指す。

今日のそば屋は
中城湾の埋め立て地あたり、
与那原そばの「みつくら食堂」へ。
昨年3月にオープンしていたらしい。

soba286.jpg

黒と赤を基調とした店内は、
なかなか洒落ている。
窓際のテーブル席に座り
メニューを見る。
普通の沖縄そばはパスして
よもぎそば(450円)と
モズクそば(450円)をオーダーした。

しかし、オーダーした後で迷った。
メニューの裏を見ると
沖縄そば(400円)は、5種類の麺から選べるという。

soba287.jpg

・与那原そば
・名護そば
・八重山そば
・宮古そば
・波打ちそば

そしてよもぎそばのよもぎ麺と
もずくそばのもずく麺で
全7種。

モズクをやめて沖縄そばにしようか
と思ったけど、
言えなかった。。

そしてでてきたそば

soba284.jpg

soba285.jpg

よもぎそばの方は
予想通りのよもぎが練り込んである麺
スープは鰹ベース。

モズクそばは乾麺だった。
ゆで加減がむずかしいところ。
味は日本そばに近いのかな。

まだ麻酔が効いていているせいなのか、
頭が沖縄そばを求めていたせいなのか、
チョイスが多すぎるせいなのか、
沖縄そばで波打ち麺(400円)にすれば良かった
などと後悔したり。

優柔不断な私にはどうにも
悩ましいスタイルのおそば屋さんだった。

広い敷地には、沖縄そば製造工場も。
テラス席がキモチよさそう。

中城湾マリンタウンプロジェクトの着工で
住宅用地分譲も始まり
この辺りもだいぶ整備されてきた。
あとは人が住み始めれば活気がでるのか。。

ボチボチと海辺には人が集まっていた。
凧揚げしたり、犬の散歩したり。

soba288.jpg

住所:西原町東崎4−10番地
TEL:098−800−8111
posted by くらげ at 23:53| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

空港にて。「そば処 琉風」

セントレアが開港したおかげで
那覇から実家までの距離がグンと縮まった。
おまけに空港バスは家のすぐ近くにとまる。
今回の帰省、とっても楽ちんだった。

それにしても今時の空港、
昔観た近未来映画のよう。
和テイストのレストラン街は
若干ブレードランナーな世界。。。

さて、昨年ラストの沖縄そば、
壺屋の「茶屋すーじ小」でシメたつもりだったけど
予定変更。

那覇空港で時間があったので
国内線1階到着ロビーの「そば処 琉風」へ。

soba279.jpg

沖縄三越直営のおそば屋さんらしい。
空港でおいしい沖縄そばが食べられるって
聞いたことがあったけど
こっちでよかったのかな。

オーダーしたのは、沖縄そば定食735円。

soba278.jpg

味のことはすっかり忘れてしまった。
たぶん、インパクトのある味ではなかったけど
悪くなかった。
パインが付いてるとこがかわいいし、
じゅーしーも美味しかった。

soba277.jpg

そばのことよりも
気になっていたのは
窓越しに見える到着したばかりの
旅行者らの姿だったかも。

そばをすすりながら
急ぎ足で到着口に向かう人をぼんやり眺めていた。

※関連サイト
中部国際空港 | セントレア
posted by くらげ at 19:33| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

茶屋すーじ小

年賀状の印刷がやっと終わった。
近所の帽子犬、通称「ジュニア」がモデル。
こやつの頭、まるで帽子かぶってるみたいに
でかくって、超かわいい。
携帯写真なのでドットが見えるけど、
離れてみたら全然OK。
写真家佐内風の色調に仕上がったと、
勝手に自画自賛。

今日は実家への土産を買いに、
牧志公設市場へ。
さすがに市場は年末の喧噪あり。
手打ちそば屋の前に列ができていた。
みんなキロ単位で麺購入。

まずは腹ごしらえに
壺屋でおそばを食べた。
やちむん通りを
ちょこっと奥にはいったところにある
「茶屋すーじ小」へ。

soba275.jpg

名前通り、細い路地に佇む一軒家。
短い石の階段をトコトコと上がって店に入る。
テーブル席に座る。
沖縄そば500円、いなり50円を注文。

soba274.jpg

柔らかめの麺は、
ツルツルとのどごしがいい。
スープは白濁系でうっすら醤油色。
三枚肉は甘めの味。
私は嫌いじゃない。

店内をぐるりと見回すと、
狭い中にいろんな沖縄が
散りばめられていて楽しい。

焼き物、三線、祭の写真、布、
バーキー(竹かご)もつるされてたし、
小林よしのりの「沖縄論」もテーブルに置いてあった。
音楽はもちろん沖縄産。

窓の外には、
向かいの家の赤瓦屋根に石垣なんかが見える。

soba276.jpg

久しぶりに歩いたけれど
やちむん通り界隈は、古い民家、石垣、
細い路地が残っていてとってもいい雰囲気。
今度天気の良い日に
すーじ小(路地)をゆっくり歩いてみよう。

そうそう、もしかしたら
ここのおそばが今年最後の沖縄そばになるのかも。。
くわっちーさびたん。来年もゆたしくです。

住所:那覇市壺屋1-15-23
TEL:098-863-9040
posted by くらげ at 23:15| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

むつみ橋かどやの沖縄そばとクリスマスソング

朝から大掃除。
とまでいかず、中掃除。
掃除は苦手で、丸く履く。
細かいところはツレに任せた。

今日のそば屋の話。

最近新しいそば屋情報が入手できず、
非常に悩む。
で、悩みに悩んだ末、
壺屋近くの目的の店に行ってみたら、定休日。

やけを起こしそうになるのをグッと我慢。
沖映通り入り口近く
老舗「むつみ橋 かどや」へ行くことに。
沖縄に来たばかりの頃に
一度だけ行ったことがあるおそば屋さん。

soba273.jpg

小さな入り口から、細長い店内に入る。
店内は老舗の歴史、
余裕みたいなものが漂っている。
なんだかホッとする。

三枚肉そば500円、ロースそば450円、
いなり2コ100円を注文。

soba270.jpg

soba269.jpg

スープは豚骨ベースで白濁。
こってりしているようで、
後味スッキリなのは意外だった。

麺との相性がすごくいい。

ロースそばが珍しい。
甘辛の三枚肉は柔らかくて美味しい。

ここのかまぼこが、
沖縄そばのトッピングには珍しい。
でも、とっても沖縄らしいと、
ナイチャーの私は思った。
行事の時に重箱に入ってる赤いのと、黄色いの。
昔ながらの沖縄そばってこうだったのか。

小さめのいなりは、
モッチリした食感。こぶりながら個性的。

soba271.jpg

そばを食べている間、
FMラジオから竹内まりやの
クリスマスソングが流れていた。
曲が終わり、山下達郎の声。
山下達郎のFM番組サンデー・ソングブックに
妻の竹内まりやが
ゲスト出演しているようだ。
そういえば、
竹内まりやがゲスト出演するのって
クリスマス恒例じゃなかったっけ。。

「むつみ橋 かどや」のおかげで
美味しいおそばと
クリスマス気分を同時に味わえた。

住所:那覇市牧志1-3-49
TEL:098-868-6286
営業時間:11:30〜18:00
定休日:火曜

※関連サイト
山下達郎オフィシャルサイト
竹内まりやオフィシャルサイト
posted by くらげ at 23:16| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

昨日は鬼平で、一日遅れのトゥンジージューシー

今年の12月は珍しくクリスマスを意識して
生活していたはずだった。。
たぶんこの寒さと
ご近所のクリスマスイルミネーションが
例年以上にキラキラしているせいだったの
かもしれない。

しかし、イブの今日、いたって普通な一日。
そして飾りっ気のない我が家。。
本日は、大掃除のためのお買い物などをしていた。。

さて、昨日行ったそば屋のこと。
宜野湾の「鬼平」というそば屋へ。

soba268.jpg

比較的最近オープンしたおそば屋さん・・。

お店に入ると、
作務衣を着た店主らしき人に迎えられる。
コの字型テーブル席に座る。
ランチメニューの
鬼平そばセット600円と三枚肉セット680円を注文。
鬼平の方は軟骨ソーキ入り。
どちらもジューシー、大根の酢の物、白玉付き。

soba267.jpg

soba266.jpg

スープは化学調味料一切使用せず、
豚だしと鰹だしを調合し、
粟国塩でうす味に仕上げてあると
壁に説明が貼ってあった。

まずは、スープをひとくちいただく。
おっしゃるとおりの薄口。
テーブルにおいてある粟国の塩をひとふりして
もう一度。
若干、味が深くなった気がした。
でも、個人的には
出汁の深みが今ひとつつかめなくて
物足りなさを感じていた。

肉の味付けも塩分控えめ。
体にはなかなかよさそーだ。

控えめのお味のおそばに対して、
ジューシーの方は若干濃いめの味付け。
私好み。

食べながら、前日の22日は
「冬至」だったことを思い出していた。

沖縄では、さむーい冬至の日、
あたたかいジューシー(炊き込みご飯)を食べる
習慣があるそう。

一日遅れだったけど、
「冬至雑炊(トゥンジージューシー)の日」を
おそば屋さんで迎えることができた。

住所:宜野湾市真志喜2-14-18
TEL:098-897-8831
営業時間:11:30〜19:30
定休日:木曜日
posted by くらげ at 23:08| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。