2007年04月03日

非日常な北の沖縄そば

行きは夏で
帰りは真冬に逆戻り。。

体の方は春モードに
すっかり移行していたらしく
今日の寒さはかなりこたえたなぁ・・。

昨日と今日

しばらくぶりに
北部方面を旅してきた・・・原チャリで。

日常の中にときどき非日常が
あるというのが
喜びで

気候的には
かなり試練の旅ではあったけど
かえって面白かったり。。。

ウィンドブレーカーに
カッパを2枚重ね着して
手袋、マフラー、毛糸の帽子・・の出で立ちに

道の駅やらに寄るたびに
店の人やら
観光の人やらに注目された・・ような。

そうそう
南部方面のおそばが日常なら
北部方面のおそばは非日常で

久しぶりに食べた北部のおそばは
新山食堂にて。

soba476.jpg

ドアを開ければそこは
タイムスリップ系なシチュエーション。

沖縄そば、そーきそば、いなりの
食券を購入してから席についた。

soba478.jpg soba477.jpg

北部系そば独特の太い平麺に
スッキリスープ、こんぶにソーキに、玉子焼きに・・
ここのは、揚げ豆腐なんかも入っていた。

この寒さにピッタリの
あったかくて、やさしい味のそばだった。

これでしばらくの間は
いつもの日常だけでやっていけそう。


posted by くらげ at 23:38| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

古さゆえの・・

昨年11月に引っ越した
今のアパート
古さゆえにいろいろと
不具合は続くモノの
居心地は悪くない。

やや広めのバルコニーがあっても
洗濯物干すくらいだけれど

海も遠くに見えたりして
圧迫感がないのが、気に入っている。

まぁ、そんなワケで
もしくは
それがひとつの要因なのか

週末に家にいるのが
苦じゃなくなって
以前よりデブショウになっている。

それでも、家にベッタリも
なんなので
週末外に出るきっかけは
昼そばになる。

今日は久しぶりに
中部のおそば屋さんを目指した。
第1候補に選んだところは
迷って辿り着けず

第2候補
北中城にオープンして間もない
すーじぐぁーのそば屋 さーふーふーに到着。

soba474.jpg

オーダーしたのは
三枚肉そば中500円
うちなー担々麺中500円
じゅうしぃ150円

soba472.jpg soba473.jpg

麺はテロテロした縮れ麺。
スープはあっさりかつおベースな感じで
個人的飲み干し率高め。
三枚肉も柔らかい。

ツレがオーダーした
うちなー担々麺とやらは
沖縄そばの麺と坦々スープが
意外にマッチしているのに感動した。

店内、広々して
ゆったりできるのが
なんともキモチがイイ。

大きな窓からは庭が見える。

庭にでると
中城城趾が見えますよ♪という看板。

soba475.jpg

階段を昇って
中城城をのぞんだ。。。

と同時に、店自体を見下ろせば

モダンでオシャレな店内の割に
外観は、元倉庫か工場だったような
プレハブチックな佇まい。

このギャップには
へぇー・・・と。

名前の由来を聞こうと思って
すっかり忘れていた。

琉球語音声データベースで調べてみたところ
さーふーふーとは
ほろ酔いという意味のよう。。

何故に?

住所:北中城字大城150番地

関連サイト
・中城城
・中村家ホームページ
posted by くらげ at 23:52| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

平日沖縄そばとジム通いの始まり

2年ぶりにジムへ。

月日は流れ
顔見知りのお兄さんお姉さんたちは
もういない。

いずこへ。。。

新しいマシーンが入ってた。

最近電気屋さんでよく見かける
乗馬フィットネス機器
その名も「ジョーバ」。
National 乗馬フィットネス機器 ジョーバ 青 EU6441-A

なんだか人が乗ってるの見てたら
気恥ずかしくて
電気屋では
試乗できなかったけど

ジムでは正々堂々と。

何でも乗馬療法といって、
馬に乗ってバランスをとることで
腰痛予防やバランス感覚の改善が期待できるそう。
「筋肉の強化」
「足腰のトレーニング」
「正しい姿勢の保持」に効果的なのだと。

15分間揺られるワケだけど
なかなかいい感じ。

しばらく大いに利用しようかと思う。

さて・・
今日は珍しく平日昼に
沖縄そばを食べにいった。

平日のみ営業でなかなか行けなかった
オープンして間もない「あらぐすくすば」へ。

首里儀保交差点近く。

三枚肉そば大500円
ソーキそば600円
おいなり1個50円をオーダー。

soba471.jpg soba470.jpg

うわさどおり
麺は
首里そばクラスの
咬む麺。

オリジナルの固いのと
柔らかめの麺とチョイスできるらしいが

固めにしてみた。

首里そばより
キモチ柔らかめな気がした。

クリアなスープに
細かく刻まれた青いネギ
あっさり柔らかな三枚肉。

soba469.jpg

なかなか仕事が丁寧だと。。。
posted by くらげ at 21:05| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

ラーメン→沖縄そば、国際通り

最近沖縄にもラーメン屋さんが
増えてきたようで・・・

たまには趣向をかえて、ラーメンでも、と
小雨の中
お目当ての店へ。

店の真ん前で固まった。

「スープの出来がよくないので
営業できません・・・・・」なのだそう。

ラーメン屋さんは
アーティストが多いのだなぁ。。。

仕方がないので国際通りへ。

トランジットモール開催中にもかかわらず
人の気配少なめ。

soba468.jpg

悪天候のせいなのか
車が走っていなせいなのか
国際通りが珍しく閑散としてみえた。

そして、今日もそばになった。

ひさびさに
国際通りの宮古そば どらえもんへ。

soba465.jpg soba466.jpg

モンブラン仕立てな
盛りつけはなかなかアートしてるなぁ。

宮古そばの醍醐味は
なんといっても
下に隠れた三枚肉とかまぼこを
掘り起こすこと。

柔らかめなゆで加減の麺は
亀浜麺らしい?

soba467.jpg

若干スープの後味が
個人的には気になりはしたが

なぜだかホットする味わいの
本日遅めのランチであった。

公設市場、りうぼう
三越やらをブラブラと冷やかして
暗くなった頃、外に出てみれば

車が戻った国際通りは
いつもの活気がもどっていた。。。
posted by くらげ at 21:51| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

沖縄そば屋のイメージ

お酒を飲んだ後にオススメとか
スープは、濃いめとか
人から
聞いてたし

外見のワイルドさも相まって

気になりながらも
今まで勝手に避けていた。

でも
近くに用事があり
腹も減り
選択の余地なしの状態で

意を決して初トライ。
立ち食いそば屋な出で立ちの
「丸安そば」へ。

soba464.jpg

カウンター、イス、やかん、湯飲み
ガラス越しの景色、道路、道行く人、子ども、長靴・・・

ここ一画だけが
なんだか30年前。

妙なノスタルジーに浸りながらな
そばを待った。

お店の人の距離感が
個人的には心地良かったなぁ・・近すぎず。

soba463.jpg

出てきたおそば
確かにスープは濃いめだが
予想していたギトギト感はないし
おいしかった。

soba462.jpg

自分が勝手に作り上げた
先入観に囚われてると
いつの間にか
見過ごしてしまうこともあるのだと

思った。。
posted by くらげ at 21:41| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

余寒とスタイル

余寒なのだそう。

しばらくポカポカ陽気が続いていたけれど
今朝は寒が戻ってきた。

あったかいカッコウして
昼から外に出た。

久しぶりに
玉家・・2号店の方へ。

t0250.jpg

もちろんおいしい。

でも旨い不味いなんて
個人の主観だから
半分くらいはどうでも良くて・・

ただこの店のスゴイと思うのは
これ以上でもこれ以下でもない
確立された味とスタイルを持ってるということか。。。
完成されてるというか・・・

そんな観点で周りを見渡してみたら
玉家
高江洲そば
首里そば
なんていうのは
沖縄そば屋として不動の地位を築いてるよう。

まぁ、好き嫌いは別にしても
3大巨頭とでもいえるのかもなぁ。。

沖縄そばに限らないけれど
絵でも映画でも写真でも小説でも
人でもモノでも

スタイルがあると
わかりやすい。

そうそう
今日は玉家で売ってた
自家製油味噌(200円)購入。

コロコロと肉の固まりが味噌の中に埋もれてて
いかにも美味しそう。
さっそく休みがあけたら
ランチ用に玉家の油味噌入りおにぎりつくってみよう。

t0251.jpg
posted by くらげ at 22:19| 沖縄 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

外人住宅?で沖縄そば

3月号の雑誌URUMAのお題は
「外人住宅に住もう」であった。。

soba460.jpg

図書館でザッと立ち読みしたけど

住んでる人も
住まい方も
とってもおしゃれでかっこいい。

まぁ、現実はそんなんばかりじゃないだろうけれど。。
雑誌ゆえの性、か。

しかし、せっかくの沖縄
体験入居でもいいから「外人住宅」とやらに
一度住んでみたいなぁと思う。。。

・・さて、本日の沖縄そばは
その外人住宅が点在するエリアにある
外人住宅風?
な佇まいのお店「すばってば」へ。

soba458.jpg

ブログで紹介されていたのをみて
さっそく行ってみた。

店内カフェ風。

ごわっと麺とつるっと麺があるそうで
両方オーダー。

soba457.jpg

ごわっと麺の方は
いわゆる定番の沖縄そばの麺
つるっと麺は、
粉少なめ水分多めで、数日寝かしたという
生麺のような透明感があるタイプ。

個人的には
やっぱり普通のタイプ
ごわっと麺が好みだった。

生麺好きな人はつるっと麺がいいのかも。

印象に残ったのが・・
店内に飾られた
写真立てに入ったモノクロの写真たち。

よ〜く見れば

御殿山、てんtoてん、街角、海のみえるそば屋、
浦添そば、ぱいかじ・・・

沖縄県内のおそば屋さんの外観ばかり。

おそば屋写真の
コレクション?


不思議な感覚を覚えたので
ちょっと質問してみようかと思ったけれど
やめておいた。

外人住宅で沖縄そばかぁ・・
そういえば
ありそうで初めての組合せだった。

帰りがけ
嘉数の高台にのぼって
「すばってば」でいただいた
さーたーあんだぎーをほおばりながら
本島をぐるりと見渡してきた。

.
posted by くらげ at 22:07| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

ムーチービーサが待ち遠しい。

ハレた。干した。乾いた〜!

待ってれば
いつかはハレるものなのね。。

スーパーには
そろそろムーチー(鬼餅)が並びはじめてて
買っちゃおうかなぁ、と思ったけど
やっぱ、本番までガマン。

今年は、1月26日だそうで
ムーチービーサがなんだか待ち遠しい。
しばしの間、沖縄の極寒を楽しみたい。

日曜日の沖縄そばは
芸大近くの居酒屋風な店で「ふじのや」さん。
ランチタイムのメニューが
沖縄そばメイン
定食メニューが豊富で前々から
気になってはいたが
おそば屋じゃないので、後回しにしていた。。

soba456.jpg

で、入った。

カウンターに座敷
こぢんまりした店内。

人が食べてる定食見たら
ボリュームあって、
器も洒落てて、とってもおいしそう。
でも、おそばもおいしそうだ。

悩みに悩んで、やっぱりスタンダードに
沖縄そばを、いなりつきで。確か500円。

soba455.jpg

でてくるのに時間がかかると思ったら
生麺。
でも苦手な生麺なはずなのに、
最近生麺慣れしたのか
美味しくいただいた。
おいなりの中味は紫色の五穀米。

全体的に丁寧な味。

今度は、定食食べてみたい。

※関連サイト
・ムーチービーサ
・ムーチー
posted by くらげ at 23:22| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

コザでソバ

寒い寒い、沖縄が寒い。。

昔の沖縄はもっと寒かったさ〜と
昨夜の新年会で
大家さんとご近所さんたちが
しみじみと言っていたけれど

ナイチャー的には
年々沖縄を寒く感じるのは
なぜだろう・・か。

毎年
今年こそ沖縄市周辺のそば屋さんを開拓しようと
思うのだけど
北上するより
どうやら
南下する習性あり。

那覇周辺と南部ばかりをうろついている。

まぁいい。

本日珍しくコザで沖縄そば。

七転び八起、店名が縁起がいいので
だるまそばへ。

soba453.jpg

食券購入して、席に着く。

周りのおじさんたちが注文してるのは
そばにご飯やサラダやフライがついた
ボリュームたっぷりのセット。

ものすごい量を
ものすごい勢いで
むしゃむしゃズルズル
食べるおじさんたちの姿は
なんとも精悍であった。

沖縄そばとおいなり登場。

レンゲつき大きめの器で
でてきたここの沖縄そば、

soba452.jpg

一見、ラーメン風で
こってりっぽく見えたけど
最後まで飲干してしまえるほどの
あっさりスープ。
麺は、太めでやや不揃いのモチモチ系。

かまぼこの分厚さは
今まで食べた中で1番じゃなかったかなぁ・・・

さて今年こそ少しずつコザを知ろう。

住所:沖縄市山里2-13-20
posted by くらげ at 21:17| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

グーなおうち沖縄そば屋

テレビをつけたら
医者にはさまれ会見する加トちゃん。

うちの母と同じだぁ〜。
はぁ〜、大変だっただろうなぁ、と・・・。

さてさて、昨日は久々に沖縄そば屋へ。
このぶんだと今年の食べおさめになるのかも。

最近ブログ界隈でちょこちょこ紹介されてるお店
八重瀬町の「そば屋 偶」へ。

soba449.jpg

黒と赤だったかの
ビビッドな配色の看板に導かれ、たどり着いたのが
2階建てのうち。
民家なんていい方より
むしろ住宅街の一軒家というか
人んちというか、自分ちというか。。。
中部でいえば「びん玉」のような趣か。

玄関で靴脱いで
いわゆるダイニングルームへ。

オーダーしたのは
沖縄そば大500円と、ちらしおにぎり50円。

soba448.jpg

麺は、やや細めのよもぎ麺と
縮れた中太麺の2種からチョイスで
両方オーダー。
スープは若干白濁、まろやかな味
やわらかい昆布のトッピング。
ちらしおにぎりとは
まぁ、いってみれば
おいなりさんの中味がにぎってあるようなもんだけど
なんといっても50円というのが庶民的。

考えてみれば、南部には
こんなおうちそば屋が少なくない。

子どもたちが普通にいて
ちょっとしたお手伝いしてるのが微笑ましい。

さぁ、こっちも野暮用をあれやこれや済ませたら
いつもより早め、長めにおうちに帰ってお手伝いしなきゃ♪

そうそう、この店の名前の由来を
尋ねてみたところ
案外普通で、グッドのグーなのだとか。
でも何で「偶」だったんだろう。

まぁそれはさておき
今年最後を飾るには、なかなかグーな店であった。

住所:八重瀬町字安里361-1
posted by くらげ at 17:57| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

イイ間違いとイイ変化

昨日のブログに
間違いが。。。

ホントの答えはBなのにCと入力してた。
Cの答えはいつも貧乏なこおろぎ・・

フロイトさんいわく
言い間違いには、無意識の意味があるのだとか。

フロイト先生のウソ

いつも貧乏という状況に
個人的な引っ掛かりが
きっとあるんだろうなぁ。

本日上天気。
首里末吉宮までウォーキングして
マイナスイオンたっぷり吸収。

返すのをすっかり忘れていた本を
返却するついでに
久々に前島の、八重山そばジュネへ。

ネット情報では
何やら以前とは変化があるようで
楽しみに。

店内若干リフォームした様子。
メニューがドラマチックに変化した。
ナポリそばやら、カルボそば・・
イタリアと八重山の融合やら
和や韓国やらとの融合やら
とっても斬新なメニューになっていた。

で、オーダーしたのは、やっぱり
八重山そば。
ジューシーおにぎりつきセットの大600円。

soba446.jpg

運ばれてきたそば見て唖然
食べてさらに。

ここの大は、麺2人前ほど。
汗かきながら食べきった。

大の上にジャンボ900円というのがあって
おそらく4,5人前ほどあるんじゃないか。
見てみたくなった。

味は、以前と変わらない味わい。
確かちらしには
創業30年とか書いてあったけど
もうそんなになるんだ。

soba447.jpg

店も人と同じで
久々に会うと
何やら変化やらがあるよう。

いい変化とか面白い変化って
ヒト、モノ、コト、ミセにかかわらず
こっちをワクワクさせてくれる。
posted by くらげ at 22:50| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

沖縄そばに逃避した。

昨日に引き続き
今日の空もドラマチック。

ココはドコ?

t0207.jpg

やることやらず、行くとこ行かず
何かから逃げてる、ここ数日。。

逃げ場のひとつ
そばを食べに行くことに。

東風平の運動公園あたりを走っていたら、
半額の看板に目が止まり
引き寄せられるようにして
たどりついたのが
「食房 みなみ」。
昼の部はおそば&定食屋で
夜は居酒屋になるよう。

半額・半額っと
ウキウキしていたのだが
よくよくメニューを見れば
ビールが半額なのだそうで・・・

そういえば、道路に点在していた
張り紙の

手書きの店名と「半額」の文字の下には
オリオンビールのポスター
らしき画像が・・あったような。

でも、文字で
ビールが半額とは書かれていなかったなぁ。

つまり
文字と画像が一緒に呈示されていたのだが

画像の情報は一切無視して
「半額」という言葉だけに
囚われてしまったということ。

画像情報より、文字情報に影響されやすいらしい。
しかも「半額」という
強烈な意味を持つ言葉は
他の情報をも
シャットアウトしてしまう
パワーがあるということなのかしら。。。

そうそう
そばのこと。

沖縄そば大500円をオーダー。

soba444.jpg soba445.jpg

麺は、亀浜っぽい細平麺。
かまぼこはにんじんが入ってるやつ。
スープは若干白濁。
ジューシーが売り切れだったのが
ちょっと残念だった。。

今日もそば食べて
いろいろ勉強になった。。
posted by くらげ at 22:34| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

やっぱり沖縄そばになる。。

珍しく
週末のランチに
沖縄そば屋ではなく
ハンバーグ屋さんに入ってみた。

オーダーしてしばらく待つ。
出てこないので、無意識のうちに貧乏ゆすり。
でも、冷静に考えてみたら
「そば」じゃないわけで
焼いたり、蒸したりが必要で
2,3分でレディー・ゴーとはならないのだった。

いつの間にか待てない習性が養われていた。

この頃は、沖縄そばに飽きてきたなどと
ボヤクようになっていたけれど
やっぱり、週末の昼は沖縄そばが食べたくなる。

そんなわけで
ネットに繋がっていなかった間も
新らしいとこ、3件ほど。。。

どの店もなかなか個性的で、
長々と書きたいところだけど
熱い気持ちも日々の経過とともに薄れてきたので
まとめて報告。

@琉大東口の「えびすそば」。
ボリュームたっぷり。肉そば500円。
三枚肉じゃなくて、ロース肉(?)。
味付けも悪くなかった。
いなり30円という価格が、こころニクイ。

soba441.jpg soba440.jpg

ASOBAやぶさち
CafeやぶさちのIFにオープン。
モノトーンのイメージの店内は、とってもおしゃれ。
個人的には生麺がでてくるとがっかりするのだが
全体的なバランスがよく、オイシイと感じた。
なんといってもジューシーとのコンビネーションがいい。
ここのは、ぼろぼろジューシー(内地でいうおじや)だった。
軽い生麺に、重めのボロボロジューシーって合うんだなぁ。

soba443.jpg soba442.jpg

Bうかじそば
宜野湾330沿い。
オープンして間もない店。
広い店内には、かすかにクラシックが流れていた。
オーダーしたのはうかじそばのかつおだしと
トンコツだし、それにうかじ飯とやらを。

soba435.jpg soba434.jpg

真っ白のトンコツスープについては
あまり期待してなかったが
とってもあっさり。
ラーメンのトンコツスープではなく
ちゃんと沖縄そばのスープになっていた。
両スープとも悪くない。

麺はトンコツの方の太麺が好みだった。

うかじ飯というのは
台湾の豚肉ぶっかけご飯「魯肉飯」のようで
ユニーク。おいしかった。

soba436.jpg

お店には、心地いいやる気がみなぎっていて
感じよかったなぁ。

以上、そば3店舗をザッとおさらい。
posted by くらげ at 21:35| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

沖縄そばと共感覚

最近「共感覚」のことが
ちょこっと気になっている。

音を聞くと色が見えるとか
文字に色が見える人がいるらしいのだが

そんな人が見てる世界は
いったいどんな風なんだろうか、と興味がわいている。。

今日のそばは首里のあやぐ食堂へ。
移転してからは初。

soba438.jpg

2時を回っていたけれど、満席だった。

壁に貼られた数々の
定食メニューを見ているだけで
口の中に唾液がたまってきて
食うゾ〜とファイトがわいてくる。

お姉さんたちの三角巾姿が、「食堂」らしくてとてもいい。

そば定食をオーダー。
570円?だったかなぁ。
チキンフライ、刺身、山盛りライスつき。
このボリュームたっぷりの
組み合わせが絶妙なのだ。

soba437.jpg

テレビを観ながら
ズルズルとそばをすする。
白いご飯を一口。
レモンの酸味がきいたキャベツの千切りと一緒に
サクサクのフライを口に放り込む、を何度も繰り返す。

テレビの下のピンクの張り紙に目が止まった。
「飲み物はセルフサービスで・・・」
そして、最後に「すみません」のひとこと。

soba439.jpg

この小さめのすみませんの文字に「共感覚」。
色は見えないけど、
「温かい」なぁ
「やわらかい」なぁという感触。

こういうのを
「共感覚」といっていいのかは定かではないけれど・・

味+店の色+店の形+店の感触+その他いろいろ。
つまり「五感」のコラボを駆使しつつ
沖縄そばを味わってるんだなぁと
あやぐ食堂のそばを食べながら
しみじみと感じていた。

「共感覚」の余韻に浸りながら
そばの後は、新都心の環境イベントへ行ってきた。。。

※参考サイト
・共感覚 - Wikipedia -
・言葉や音に色が見える――共感覚の世界 -
posted by くらげ at 23:52| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

ムービングにより。。

ダンボールの山に囲まれ、しばし放心状態。
いよいよ明日はムービング。

引越挨拶の
お菓子を買いに三越へ。

ついでに
久茂地に新しくオープンしたおそば屋
『我楽そば』へ。

soba433.jpg

オーダーしたのは
そば中550円とジューシー200円。
麺は生麺。
「てぃーあんだー」「てだこ」に近いかな。
麺の弾力は独特。
スープはとってもクリアできれい。。

さて、新居でネットが開通するまで数週間
しばしブログは休業としよ。
posted by くらげ at 12:55| 沖縄 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

島ないちゃ〜のニュアンス

「島ないちゃ〜で〜す」などと
自己紹介したこと、過去1,2度あり。

沖縄に来たばかりの頃だった。。

しかし、「島ないちゃ〜」って?

意味とニュアンスが
いまだによくわかっていないらしい。。。

昨日のそばは
奥武山公園近くの店「島ないちゃー」へ。

オーナーは島ないちゃ〜なのだろうか。。

店内居酒屋さん風。
島ないちゃーそばと三枚肉そばオーダー。

soba430.jpg soba431.jpg

黄色がかったもちもち麺に白濁系スープ。
島ないちゃーそばは
てびち・ソーキ、三枚肉がのっかってて
ボリュームたっぷりだった。

いなり、食後のコーヒーもついてきた。

住所:那覇市鏡原町3-7
TEL:098-858-6237
posted by くらげ at 23:55| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

沖縄そばの日、だった。。

去年の10月17日
いったい何してたのかと
過去のエントリーをチェックしてみたら・・

異次元にいた。

10月17日の今日は
「沖縄そばの日」、だったそうで
そういえば
新報にも、タイムスにも紙面いっぱいに
沖縄そば屋がリストアップされていたっけ。

パレット久茂地前で例年行われる
沖縄そばの麺無料配布
いつか並んでみたい。

Q.日曜日に食べたそば、どこだ?

A.本家亀そば
B.そば処亀
C.亀かめそば
D.うわさの亀そば

soba429.jpg

答え
B。コザの亀だったら、ここ。
珍しくリピートしてしまう店のひとつ。イナリもおいしい。

FM沖縄では
沖縄そばの日にちなんで「沖縄そば検定」が。。。
http://www.fmokinawa.co.jp/soba/

※参考サイト
・沖縄そばの歴史(沖縄そば博物館)
posted by くらげ at 22:48| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

「沖縄そばゆい」へ

規則正しい生活の
はじまりのショッパナ。

すでに寝不足である。。。

週末に行ったおそば屋は
宜野湾市にある「沖縄そばゆい」へ。

soba428.jpg

ゆいそばと
ラフテーそばをオーダー。

soba427.jpg soba426.jpg

ゆいそばは
てんぷらがトッピングされている変り種。
ぷりぷりした食感の麺に
こく深いスープ。
思いのほか
ボリュームたっぷりであった。

住所:宜野湾市宇地泊516
posted by くらげ at 23:10| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

沖縄そばを美味しくする要素

沖縄そば博物館オープンといい
最近沖縄そば周辺がにぎやかだ。

そろそろ、沖縄そばの日が近いらしい。

今月号「おきなわJOHO」は充実のそば特集。

立ち読みで終わらず、珍しく購入にいたる。。

そば屋80店舗掲載されてる上、
麺の形状、分量、スープの成分にいたる細かいデータ
まで取材されていて、とっても勉強になる内容。

70/80。
悪い癖で残り10を制したくなる。

で、近場から・・・
糸満の「ゆっくい茶処おおしろ」へ。
そば屋のイメージがなくて
今まで見過ごしていた店。

soba425.jpg

店内に入ると、三線の音に歌声
理解不能なうちなー口が飛び交っていた。
まるでウンタマギルーな世界観で
字幕が必要な感じ。

庭の見渡せる席に座り
沖縄そば500円、
沖縄そばセット1000円
をオーダー。

soba423.jpg soba424.jpg

歯ごたえのある麺に
出汁のしっかりきいたスープ
柔らかい三枚肉

そばもよかったが
煮付けもすばらしかった。

帰ろうかと
席を立とうとすると
うちなー口で会話をしていた
お客さんらしき人たちに
思いっきりソフトな笑顔で
「もう少しゆっくりしていきなさい」
などと引き止められる。

店主の気づかいもうれしかった。

思わず長居したくなったが
しばしの会話の後
また来ますといって店を後にした。

いったい
このウェルカムな雰囲気って
何だったんだろう。。

麺のチョイスに
スープの成分
三枚肉の味付けに・・・

人の思いやりとか
やさしさとか
あったかさが加われば
さらに沖縄そばが
美味しく感じるらしい。

住所:糸満市古波蔵147−1

※関連サイト
・おきなわJOHO
posted by くらげ at 23:33| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

台湾時間から沖縄時間へ

台湾から帰沖。
なんかずいぶん長い間旅してた気がする。。。

食べて・食べて・食べて・食べて
いったい一日何食したことやら。
どこで食べても何を食べても
とにかく美味かった。

そして
台湾の人たち
やさしくて 親切で パワフルで とっても濃かった〜。。。

さてさて、本日沖縄では
タイミングよく
沖縄そば博物館オープン初日とのこと。

soba422.jpg

沖縄感覚を取り戻すいい機会とばかりに
さっそく行ってきた。

しかし
あの閑散とした場所に
人が殺到しているのを初めて見た気がする。

食券を買って
数分列に並んで
空いた席に座る。

オーダーしたのは
初耳な店「すば家 川」の

炙り豚バラすば(かつお風味)600円と
トロトロ軟骨ソーキすば(かつお風味)600円。

soba420.jpg soba421.jpg

スープは濃い目な味。
あぶったお肉が香ばしくておいしかった。

8店舗中、今日の「すば家 川」を入れて7店
は経験済みになったので

次回はのこる
「大学食堂」に挑戦しよう。

創始者は故又吉千代さんというおばあちゃん。

が、

沖縄カリーすば
イカスミすば
アーサーすば
激辛沖縄そば

と、メニューがなんともオリジナルで斬新。

懐かしの味、復活らしい。
posted by くらげ at 21:40| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。