2007年02月26日

ハレの桜とアメの桜

ハレ。

日射しが
眩し過ぎて
空を見上げるのが辛かった。。。

沖縄の桜は
どちらかといえば
ハレよりアメが似合う

どんよりしたグレーな背景に
ピンクがよく映える

と、雨の公園を見て思った昨日。

hana055.jpg


posted by くらげ at 23:11| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

下向きな天使のラッパ

実家の父

母が完治するまではと
ひげと髪を伸ばして
願掛けてるらしい。

そして沖縄の娘

願掛けしているワケではなかったが
気がつけば
半年以上
髪を切っていなかった。

そしていつの間にか
ロンゲ。

そろそろ切ろう

そして
そろそろ
脱モラトリアム。。

hana052.jpg

近所で見かけた
どっさりの
エンジェルストランペット。

名前に似つかず
毒があるらしい。

hana053.jpg

※参考サイト
・花の館 エンジェルストランペット
posted by くらげ at 22:29| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

小休止と幸田文

最近気づいたけれど
カエンカズラがあっちこっちの家で
燃えさかってる。。

hana051.jpg

ショート・ブレイク。

大したことしてるわけでもないのに
気分は
少しばかりの
小休止。

今日は久々に
近所の図書館によって
マンガ2冊
料理本1冊
フェミニズム系1冊

そして
正月からずっと読みたかった
幸田文を1冊。

幸田文

幸田露伴の娘。

正月にNHKアーカイブスで
幸田文のインタビューを観たんだけど

彼女の
飄々として
ユーモラスで
歯切れのよい語り口に

ものすごく
興味をもった。

48才の時
身分を隠して置屋でバイト・・

そのときの経験をもとにして書いたのが
長編小説『流れる』なのだそう。

そんな生き方もあるのだなぁと
思う。

さて
今夜は幸田文で
眠ろう。
posted by くらげ at 22:48| 沖縄 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

しあわせな水曜日

今日をハッピー・ウェンズデイ
と勝手に命名しておく。

最近、唯一、気が抜けるのが
水曜日で
まぁ、人に言ったら笑われそうだけど
とりあえず必死になって
やっていることが、日々山積になって
水曜日にいったんクリアになるという
〆切サイクルな日々。

しばらく、こういうのが続くらしい。

これが仕事だったらなぁ。。
たぶん・・、辞めてるか。
お金が発生するか、しないか・・
した方がいいけど、しないぶん気が楽チンかぁ。。

最近のお気に入りは
葉っぱの大きなサトイモ科の植物。

t0211.jpg

特にクワズイモが大好きで
でっかいのを家にひとつ欲しいなぁと思っている。
沖縄では公園や御嶽、お墓周辺に、自生してる
ワイルドなやつ。
名前どおり食べられない。
別名Elephant ear(エレファント・イヤー)ともいうらしい。

※関連サイト
・サトイモ科の観葉植物
posted by くらげ at 20:12| 沖縄 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

ひとり歩きとハロウィンの実

考えてみたら最近
ひとり歩きをしていなかった。

空の青に
オレンジが混ざり始めた頃
ウェアに着替えて金城ダムに向かった。

柔らかい夕暮れの光の中を
ゆっくりゆっくり
静か〜に歩いていると

まわりの風景と一緒に
断片的な記憶が
浮かんでは消え
消えては浮かんできたりして

ちょうど
パソコンのデフラグの状態と似ているような
とっ散らかっていた頭の中が
少しずつ整理されていく感じ、なのだ。

繁多川のお墓を抜け
ダムを一周、二周と回ったところで

金城ダムの守衛さんに
声をかけられる。

「久しぶり!」っと。

・・・

ついこの間まで
白い花が咲いていたはずのサンニン(月桃)は
いつの間にやら
オレンジに色づいた実をつけていた。

t0194.jpg

じっと見ていたら
サンニンの実が
ハロウィンのジャック・オー・ランタン
に見えてきた。

ハジケタ実の中の黒い種も
それっぽい。

秋と一緒にハロウィンの気配も。。。

さてっと、明日から・・・

※参考サイト
・ハロウィン
・サンニン(月桃)・・沖縄東南植物楽園の植物図鑑
posted by くらげ at 20:28| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

ゴールデンシャワーとメタ認知

容量オーバー。
1600字のレポート書くのに
7時間もかかるって、
明らかにメタ認知力の欠如。。

先日「レインマン」のモデル
キム・キープのドキュメンタリーを観た。

レインマン


内容もさることながら
映像的にもとっても芸術性が高い作品であった。

サバン症候群の人たちの脳には
不必要な情報をふるい落とすフィルターがないため
デリートキーを持たないコンピューターのようなものだという。
キム・キープは
数秒本を眺めただけで、本の内容全て覚えられるのである。

数秒とはいわないけれど、1ページを10分、いや1時間、
で丸暗記できたらうれしい・・・。と思う。

「サバン」はフランス語で賢い人、賢者を意味するのだそう。

龍譚通りに面した人んちに咲いてた「ゴールデンシャワー」。
夏の花。
花言葉はどう解釈したらいいか「印象的な瞳」。

hana048.jpg

NHK夏の特集番組 第1回「驚異の記憶力」
・ゴールデンシャワー(琉球新報)
・メタ認知
posted by くらげ at 20:26| 沖縄 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

今年のサンダンカ。

夜の水まきが功を奏したか
ベランダのサンダンカが今年は元気がいい。

hana046.jpg

写真は金城ダムのミニサンダンカ。
赤や黄色のがポコポコと咲き乱れている。

※関連サイト
・サンダンカ
・「サンダンカ」美ら海物語
posted by くらげ at 22:41| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

ミクロネシアな台風、ミャンマーな花

困った。

台風第3号「イーウィニャ」発生中。
土曜日あたりが危ないというけど
来るなら金曜日にお願いしたいところ。。

ちなみに「イーウィニャ」のネーミングは
ミクロネシアの台風委員会によるそうで
意味は「嵐の神」だそう。

全く手強そうな名前。

久しぶりに首里金城町の石畳道を歩いた。

今いちばん旬で目立っていたのは
しだれて咲く
かわいらしいピンク色の花の固まり。

hana045.jpg

名前を「インドシクンシ」というそう
英語名は「Rangoon Creeper」。
ミャンマーの首都ヤンゴンのツル科植物という意味。
暗くなると
モモの果実のような甘い香りがするらしい。

インド、ミャンマー原産で
台風同様、こちらも南方系。

※関連サイト
台風情報
・台風の番号と名前
・植物図鑑 インドシクンシ
posted by くらげ at 22:41| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

月下美人と誕生花

ねむい。
レポートがどんどんたまっていく。
そしてだんだん手抜きになっていく。。

ウォーキングの途中の、
金網に巻きついてるサボテン状の植物が
月下美人だと知ったのは
最近のこと。

ダラリとたれてる姿が
とぼけてて やる気無さそうにもみえる。

一夜限定で花が咲くという。

『ウィキペディア(Wikipedia)』で
月下美人を調べてみたら
花言葉は「はかない美、儚い恋、繊細、快楽、艶やかな美人」。
まぁ想像通り。

7月19日の「誕生花」なのだそう。

自分の誕生花を知らなかったので
ついでに調べてみる。

なるほど。。
花言葉は純粋、おひとよし。。

まぁ、ハズレではないか。

※関連サイト
・季節の草花/月下美人 
・月下美人『ウィキペディア(Wikipedia)』
・誕生花と花言葉
・花言葉 誕生花 カレンダー
posted by くらげ at 22:45| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

夏至にお花

ハイキーにぶっ飛んだ朝の光のせいで
目尻にしわが増えそうだ。
朝日に向かって原チャリを走らせる。
挑戦的な光と熱。 
ガッコーに辿り着く頃には
全身ヨレヨレになっていた。

蝉の声がどっからか聞こえる。

夏至。

1年で昼間の時間が最も長かった今日
ガラにもなく華道などに初挑戦。

hana041.jpg

センセーやセンパイたちに教えてもらいながら
しばし集中。

長かった昼間が終わる頃
全身スッキリ、やけにゲンキになっていた。

どうやら華道に癒された。

※関連サイト
・華道
posted by くらげ at 22:10| 沖縄 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

マズローと樹木医と自己実現。

お天気が気になる毎日。
明日も雨か。

誰が置いたか
階段脇の出窓に
 
ちょこんと花のミニギャラリーが。。

hana037.jpg

NHKの番組
『プロフェッショナル・仕事の流儀』を観ていた。

35歳で独学で勉強を始め、
40代で樹木医となり現在活躍してる女性の話。

熱意さえあれば
何歳からでもやり直せるのだと。

『ここまで行っても、ここまで行っても、
極められない道なんですけど・・、でも、極めてみたい。』

心理学者マズローのいう自己実現というのは
こういうことなのか。

ロジャーズにマズローに・・。 
やっぱ私はこっちかな。

The Right to Be Human: A Biography of Abraham Maslow


※関連サイト
・プロフェッショナル・仕事の流儀
posted by くらげ at 23:07| 沖縄 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

トックリキワタとハナクソ

久しぶりに8時間睡眠。

起きたら顔がむくんでいた。
どうせ汗をかくし、誰にも会わないし
シャワーも浴びずに
ウォーキングにでかける。

日射しが夏に近づいてきている。
影がキリリと濃い。

hana033.jpg

トックリキワタが綿をつけていた。
綿菓子が引っかかっているよう。

なんかミスマッチな光景だけど
これが現実。

hana034.jpg

家に戻り鏡を見たら
鼻と唇のアイダにできた
シミがクッキリ。
まるでハナクソみたい。
これも現実。

※関連サイト
・トックリキワタ(ヨッパライノキ)
・トックリキワタ (パンヤ科)
トックリキワタ
posted by くらげ at 22:08| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

花のカジマヤー

カジマヤーとは
沖縄の方言で風車(かざぐるま)のことで
数え97歳の生年祝いのこと。

風車祭(カジマヤー)

カジマヤーのお祝いには
風車を飾った車に乗って
おもちゃの風車を手に
集落をパレードするというのはあまりにも有名だけど
まだ本物を目にしたことはない。

散歩してたら 不思議な花を見つけた。
花の中心は
まるでたすき掛けでもしてるよう。

hana031.jpg

調べて見たらクチナシだった。
沖縄の方言で「カジマヤー」というのだそう。

※関連サイト
・クチナシ(カジマヤー)
クチナシ
posted by くらげ at 23:14| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

ウコンラッパバナ

鬱金色。ラッパ状。

ウコンラッパバナというそう。
英名はゴールデンカップ。

hana030.jpg

赤ちゃんの頭ほどの大きな花。
車道に向かってひょこりと顔を出していた。
肉厚で革製品のような質感。
堂々とした姿はド迫力。

つぼみはヒトのこぶしほど。

hana029.jpg

花が咲くとき、ポンと音がするとか。

※関連サイト
東南植物楽園 ウコンラッパバナ
posted by くらげ at 22:27| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

色あせても。。

ウォーキングの途中、
色褪せて茶色くなったピンクボールを
携帯でパシャリ。

いつまでぶら下がっているんだろう。
なかなかしぶとくって
ワイルドなやつだ。

hana025.jpg

hana027.jpg

いつかぽとりと地面におちるんだろうか。

建物のすき間から
オレンジの夕日がちらっと見えた。

いつものウォーキングコースを外れて
急いで夕日ポイントへ向かう。

時すでに遅し。

あっという間に
夕日はいなくなってた。

※関連サイト
・ピンクボール
posted by くらげ at 22:52| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

イッペー いっぺー

去年も咲いていた花なのに
初めて出会った気がするのはなぜだろう。

見てるはずなのに
見た記憶が全くない。
意識しないとするする素通りしていく。。

今 イッペーという名前の花が
面白く咲いている。

hana023.jpg

柔らかい黄色の紙が
ふわりと枝に引っかかってるような
不思議な様。
ひとんちの庭先に立っている。

和名を「コガネノウゼン」。
英名を「ゴールデン・トランペット・ツリー」という。

名前通り
花は黄金色でトランペットのようなカタチ。

hana024.jpg

「イッペー」という名は沖縄名になるという。

沖縄の方言で「いっぺー」といえば
「いっぱい」とか「大変」という意味になるが
由来はブラジル名のイペーからきているとか。。。

一面に黄色のイッペーが
咲いてたらさぞかし迫力あるだろうなぁ。
と想像していた。

そしたら コザに「イッペー通り」というのがあるという。
「パークアベニュー」の裏通り。

週末さっそくイッペー見物に行ってこよう。

イッペーは 入学式ごろが見頃だそう。
沖縄では桜じゃなくて 
イッペーで入学式なんていうのは
どうだろうか。

※関連サイト
東南植物楽園 植物図鑑
・イッペー通り
posted by くらげ at 22:46| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

近所のピンクボール

てっきりあじさいかと思っていたら
どうも違う。
ぶらぶらと吊り下がるピンクの花。
「ピンクボール」というのだそう。

hana020.jpg

開花時期は1月、2月。

満開だった近所の「ピンクボール」、
最近は枯れはじめ「ブラウンボール」へ。
いくぶん萎んでこぶりになってはいるけれど
それでもまだまだしっかりぶら下がっている。

※関連サイト
ピンクボール
posted by くらげ at 23:48| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

沖縄は吹雪き(ふぶき)。

先週からズッと気になっていた
うすむらさき色の花の正体がやっと判明。

昨夜、東南植物園の学芸員の方のブログ
見つけてしまった。。

hana017.jpg hana016.jpg

フブキバナ(吹雪花)というのだそう。
別名ハナフブキ(花吹雪)とも。

先日の火炎葛(かえんかずら)といい
花の名前って味わい深い。

hana019.jpg

石畳道にふぁーと舞い散る淡いむらさきの花は
たしかに粉雪のようだった。

花には独特の香りがあるそう。
明日さっそくにおいをかいでこよう。

しばしの間、沖縄は吹雪の季節らしい。

※参考サイト
学芸員の部屋
・マリオの花図鑑
posted by くらげ at 20:38| 沖縄 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

石畳道のうすむらさき色のハナ

利用しているseesaaブログで
ファイルサーバに障害発生していたらしい。
メンテのため、木曜日あたりから
しばしばエントリー不可に。

まぁ、たまにはこういうのもいいかな。
ブログをキッパリと休めるし。

障害情報には「データの消失はございません」とあったけど
消失することもあるんだろうか。

想像するとちょっとコワイ。

ここ数週間、気になっている花。
首里周辺や金城町石畳道周辺で見かける
うすむらさき色の花。
なんて名前だろう。

hana017.jpg

風がサァーと吹いて
紫の花びらが辺りに舞い散った。

hana016.jpg

「風花」みたいに。
posted by くらげ at 21:26| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ヒトノ名前、ハナノ名前

人の名前を覚えるのが苦手で
すぐに忘れる。

積極的に覚えよう(関わろう)としないのと
忘れっぽいのと両方。

意識しないでいると
どんどん素通りしていく。

ヒトも、モノも、コトも。。

最近は、少しばかり努力もしてみる。

例えば花。

ここ数週間、夕闇をポツポツと歩いていたら
鮮やかな橙色が気になった。

遠くから見ると民家の壁やら、石垣やらが
炎に包まれているようにも
見えないこともない。

hana015.jpg

家に戻って調べてみた。

名前を「火炎葛(かえんかずら)」という。

hana013.jpg

今は長細い筒状のハナがツンツンと伸びている。
しばらくすると筒がはじけて
リボンのようにくるりと花が開くという。
カゼバァーバァー吹く体感温度低めの頃、
沖縄に咲く冬の花火といったところか。。

しばらく意識して、関わって、立ち止まって観てみよう。

※関連サイト
カエンカズラ
posted by くらげ at 22:24| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。