2010年04月02日

ロードームービー

4月

ロードーするようになると
週末のありがたいことよ・・

大したことしていないのに
久々に肩がこった

明らかに交感神経の緊張が原因だ
自宅に戻ったとたんに何ともなくなった

さらにここ2日は
変な夢をたくさん見た

ひとつ目は・・

かなりスローペースで
何かを運転していて
突然人が出てきて
止まらなくて
轢いちゃった・・という夢

ネットの夢事典を見ると
誰かを車で轢く=
攻撃性。自分自身の何かを誤った動機で殺す暗示・・とのこと
だが
自分的には
不安の象徴という感じ

確かに
自分の何かを殺すという部分は引っかかるところで
妥協したという感情もなきにしもあらずか・・

まぁ,慎重に行けよというサインとしよう

今朝がまた変だった・・んだが
さっきまで覚えていたのに
忘れてしまった

言語化できていない感情が
形を変えて現れるから

夢って面白いなぁと思う





posted by くらげ at 22:16| Comment(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

夢と斜塔

とある図書館・・・

低めの書棚が
いくつか積み上げられ
高い塔のようなそのてっぺんに

子どもたち数人とともに取り残された。

ゆらゆらと前後左右に揺れ続け
少しでもバランスを崩せば
崩れ落ちそう。

Reeves - Masterpiece Scraperfoil Tower of Pisa

下を通る大人たちに
助けて〜!と声をかけるが
スルーされる。

空しさ、無力感、怒りを感じつつ
「見ればどういう状況かわかるでしょ、
誰か呼んできて!」と叫ぶ。

さてその後どうなったか忘れたが
助かって地上に降りていた・・

という夢を見た。

夢事典によれば
高い所に居て不安を感じている夢は・・

孤立感、孤独感、
慣れ親しんだ安全な場所から遠ざかっている気持ち、
心配、不安感等々。

さらに塔が倒れる夢は
期待していた夢が実現あるいは一歩手前でダメになる・・

当たってるなぁ

昨夜の心境そのものだ。

子どもたちが一緒というのは
協力者がいるものの、無関心や拒絶に対して
無力感を感じていたのか。

しかしまぁ冷静に考えてみれば
人はさまざま
全ての人に支持されることなどムリだろう。

今朝見た夢は
小さくて大きいサポーターたちの存在を
再認識させてくれた。

・ピサの斜塔 公式サイト(伊)
posted by くらげ at 08:57| Comment(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

夢と無意識

数ヶ月ぶりに
目の前がクリアになった。

これで
工事のお兄さんたちと窓ごしに
目が合うこともなく
オープンに過ごせるのだが

あの辛かった日々は
いまとなっては現実味がない。。。

明け方
クリアな夢を見た。

夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?

小学校から中学にかけて
しつこく告白し続け
何度も何度もフラレ続けた男子が登場。

デパートの屋上で待ち合わせの約束をするも
時間に遅れてしまう。

結局、約束の場所に男子は現れず。

がっかりしていると
女性が寄ってきて
その男子は怒って帰ったよ・・と。

期待、落胆、どうでもいいかぁと思う気持ちが
入り交じった
なんとも表現しがたい気分で目が覚めた。

「デートに遅れる」を
夢事典で調べてみれば

非常に高い目標を持っていて
達成不可能だと自分で分かっている・・と。

高い目標は、「?」だが

確かに、半信半疑で、成り行き次第で
という感は
このところあるなぁ。

この男子の夢は、大人になっても年に数回は必ず見る、
見続けている。

ユング 錬金術と無意識の心理学 (講談社プラスアルファ新書)

男子は「トリックスター」か
それとも「シャドー」となるのか?

無意識においては
悪役を買ってでも、何かを訴え
真の問題を伝えようとする・・とか

何かあるんだろうなぁ、無意識のところで。

※関連サイト
・トリックスター (人物類型)
posted by くらげ at 15:51| 沖縄 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

中途半端な夢日記

今朝見た夢が
相当変でギョッとしたので
自己流夢判断で
分析していたのだが・・

夢判断 上   新潮文庫 フ 7-1

分析し終わったところで
間違ってページを消してしまった・・

なかなか前向きで、いい線いってたのだが・・

見たのは
川岸をシャベルでさらってたら
赤ん坊の手を拾って、さぁどうしよう、という夢・・

こじつけてみれば
いろいろと
意味が見えてきたけど

まぁ、意味がないっちゃ〜ないし
あるちゃ〜あるし

これからまた
いちからブログに書く気力はもう残っていないので
今日は、これにて。
posted by くらげ at 22:21| 沖縄 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

自分の夢って・・「夢日記1112」

今度のウォーキングルートから見る景色は
まるで鳥の視線。

空が低いのだ。。。

t0203.jpg

日曜日の朝に見た夢は
すぐに気づかなかったけれど
ふだんあまり意識していなかった現実が
姿・形を変えて
夢として目の前に現れたようで
夢を見た本人としては、
とても印象に残るものだった。

忘れたくないので
ブログに残しておこう。

その夢はこう。。

某師匠が
舞台の上に立って話をしている。

大勢の弟子たちは、観客席にいて、ざわざわ。
某師匠は、
舞台の上でくるくると回ったり、踊ったりしながら
歌舞伎の花道のようなところから
観客席を順番に回っている。
手には、何やら緑色の物体をのせて。

やっと、私が座っている席に来て
手にのせた物体を見せてくれた。

ご〜や〜であった。

よく見ると、ご〜や〜でありながらも
目、鼻、口・・デスマスクのような顔が浮き上がっている。

「すごい発見ですねぇ、センセー。さすがぁ」
と拍手をし、師匠と握手する。。。

野菜は、実際に自分が無意識に「求めている栄養素」。
師匠は、新しい研究課題等の象徴だそうで

自分なりに解釈してみたら
夢を見た数日前の出来事とぴったりリンクしていて
なるほど〜であった。

いやぁ〜、「自分の夢」って自分限定で相当面白い。
posted by くらげ at 21:14| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

夢日記1013

始まりとか終わりとか
何らかの節目には
クリアな夢を見ることが多いらしい。

t0195.jpg

昨夜の夢はこんな感じ。。

那覇マラソンなど
体に悪いからと
さらさら出る気はなかったはずだったのに

マラソン当日
ウェアに着替え、シューズを履き、会場に向かっていた。

走りだすと
人間の大人ほどの大きさの犬が
おんぶするみたいに
ぴったりと背中にまとわりついてきた。

なんだか走りにくいし
うざいなぁと思いながらも走り続ける。

途中、なにやら犬が耳打ちしてくるのだが
何を言っているかわからない。

それでも

なぜかほっとして
安心して、幸せな感じに包まれているようだった。。

この夢を自分なりに解釈してみると。。

マラソンというのは
体力や忍耐力等が必要で、孤独なスポーツである。

つまり、自分にとって
普段より忍耐力が必要な何かが始ろうとしていて

自分なりに
気力や体力を整え
あらたな気持ちで
その何かに
たったひとりで
立ち向かおうとしている。

ひとりで
完結したほうが楽だし
煩わしくない。

それでも、やっぱりひとりよりも
だれか支えになる人を求めたり
時に他力に身をまかせることも
必要だということは自覚しているらしい。。

夢って案外正直だ。

手をかえ、品を変え、
心の奥底で気になっている事象を
毎夜、夢の中に投影しているようなのだ。

※参考サイト
那覇マラソン
posted by くらげ at 21:31| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

夢日記0918

肩や腕がスースーするので
今朝はフリースを引っ張りだして
首からかぶる。

しばらくしたら
なんだか暑くて息苦しい。

まだまだフリースの季節には早かった。。

2週間ぶりにクリアな夢を見た。

夢分析〈1〉 夢分析〈2〉

レポートを提出するため
とある学校の事務局へ。
提出すべきレポートは10本なのに
7本しか手元にない。
どうしようかと迷っていたら

年上らしき女の人が
自分の書いたレポートを3本あげるとの申し出。

躊躇しつつも「ありがとう」といって受け取り
女の人がくれた3本を足して
無事10本のレポートを事務局に提出する。

どうやら、事務局ではチェックをしているようだ。
文体が、年上の女の人と私では明らかに違う。
バレたらどうしようと不安な気持ちになる。

しばらくすると
その事務局の男性が
「風船」を手にしてやってくる。
どうやら不正がばれたらしい。

その男性は「風船」に
自分の名前を書いて空に飛ばせという。

もしどこかに飛んでいって消えてしまえば
今回の不正はなかったものに
もし誰かの手元に風船が届き
事務局に戻ってきたら
不正を公にしなくてはならないという。

過去、不正が明らかになった人たちの名前、
罪状が貼り出されているボードを見せられる。

事務局の男性は
「たぶん大丈夫だよ」と私にいう。

風船が戻ってきたらどうしようと
不安を感じながら
これが夢ならいいのにと思っていた・・・
ところ目が覚めた。

夢だったのだ。


・風船は「夢」や「憧れ」等の象徴。
・だます夢は誰かに対して偽善的だと感じている。
・不安は目前の問題を解決し、前に進んでいくというサイン。
・男性は冷静に自己を洞察する。

という材料から・・

救いの手を差し伸べてくれた
女性はどうやら
自分自身の憧れの象徴であり
なりたい自分なのかもしれない。

でも
冷静に今の自分自身を眺めてみれば
まだまだ10にたどり着くにはほど遠い。
自分の力では
どうにもならないこともわかる。

憧れや夢が
はかない夢で終わりそうな気もするし
いつか前に進めそうな気もしている。。。
でも夢が破れるのをとても恐れているらしい。

と、こんな感じで
やや前向きな解釈にしておこう。

しかしこんな風に
自分なりに夢を解釈してみると
「女性」「男性」「風船」「だます」が
繋がってくるから面白い。

※参考サイト
・未弐の夢事典
posted by くらげ at 23:06| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

夢にっき696

昨夜は
とあるミーティングに参加。
ふだんからモノゴトを
ふか〜く考えていない自分の薄さにシミジミ。

人間もなるべく晩成がよい。
まぁ、死ぬ頃なんとか物になるというくらいの覚悟で
ぼつぼつやるのがよい。(安岡正篤 一日一言より)
安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う

まぁゆっくりやろう。

さて
人の夢の話って
それほど面白いもんじゃないけれど
自分の夢となると それなりに。。
夢の事典―“夢”の世界を探検するために

久しぶりにクリアな夢を見た。
こんなカンジ・・・
A子に案内され
ある物件を見に行く。
古いけれど大きくて頑丈そうな建物。
ヨーロッパ建築風アパート。

なんか胡散臭さを感じて
気乗りがしない。

管理人がやってきて
ドアを開けて部屋の中に入る。
雨戸がしまってて薄暗い。
天井にあかりとりがあって、そこから
曇った空が見える。

南北に窓が一切ないのが気になっている。
管理人が東と西にある大きな雨戸
をガガガと開ける。

窓を開け放ったとたん
いっきに部屋の中が明るくなった。
その部屋はとても天井が高かった。
よく見ると北側の奥の方にパティオ。
吹き抜けになっていて外につながっている。

窓の外を見ようと
東の窓に近づいていくと
目の前に広い空と海が広がっていた。

バルコニーは何台もの車が
駐車できるほどの広いスペース。
なぜか、そのバルコニーが坂になっていて
1階から部屋のある高層階まで
車で登れるようだ。

うれしくなって
すぐに引っ越すことを決め
いったんアパートを後にする。

建物の前に立ち
もう一度建物全体を見上げる。

引っ越す予定の部屋は
どうやら最上階ではないらしい。

上の階は東西南北全てに窓があるようだ。

上の階が開いたら
そっちを見せてもらって引っ越そう。

そういえば、家賃がいくらなのか聞くのを忘れていた。
まぁ、それでもあの景色が毎日見られて、
あの広さの部屋に住めるのだったら、
多少予算をオーバーしたとしても
しばらくは、いいかなぁと思っていた。。end
自己分析してみると・・

建物は自我の象徴であり
おそらく今よりもっと成長したい
ステップアップしたいと思っている。
しかし古い考えや秩序に束縛されていて
不安は消えない。
自分に対しても
人に対しても胡散臭さを感じていて
素直に前に進むことを躊躇している。

扉をあけて中に入っていくということは
人生の新たな段階へ
また自分自身の中にもっと深く入っていくことを
意味している。
おそらくそう願っている自分がいるんだろう。

窓は意識の象徴。
その人の人生観を象徴しているらしい。
希望や可能性をもって生きたいと思っている。

窓からのぞいたところに見えた
だだっ広い海や空は
色が若干沈んでいたものの
静かで落ち着いていた。
瞑想的な無意識への洞察をあらわしているそう。

外にでて、建物を見上げる場面は、
自分自身を客観的に見つめながら
いつか、上昇したいなぁ〜という願望が
あらわれてる。

夢ってあんがい自分の願望や無意識が
でてるなぁ。。
posted by くらげ at 19:20| 沖縄 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。