2008年04月19日

スペイン語とフリーダ

最近
中南米の知人ができたので

会うたびに
昔習った
初級スペイン語をぽろりぽろりと
引っ張りだす

参考書も押し入れから
引っ張りだしたりして

声に出して練習中

スペイン語は
歯切れがよいので
気持ちがいい


映画「フリーダ」を観てたら

フリーダ【廉価2500円版】

全編英語でしゃべってて
ややがっかりする


映画の中の
フリーダもディエゴもトロツキーも
本物となかなか似ていて
よい

フリーダ・カーロには
20年前
初めて知ったとき同様
衝撃的で圧倒された


・映画「フリーダ」公式ホームページ


posted by くらげ at 23:55| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も若いときにフリーダ・カーロの作品や彼女の生き方に衝撃を受けました。
いつかフリーダの絵とディエゴの壁画を観にメキシコへ行きたいです。
スペイン語日本人は発音しやすいみたいですね。勉強してみたいなぁ。
Posted by ウーティー at 2008年04月21日 16:47
ウーティーさん
メキシコを旅したのは
20年も前のことなのですが
メキシコのアートは
とっても刺激てきでした。
日本人にとって
スペイン語の発音は親しみやすいですね☆
Posted by くらげ at 2008年04月21日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。