2008年03月30日

うりずんにおもう

1日の間で
コロコロと空模様の変化あり

現在外はカエルの大合唱と
強めの風

そしてやや肌寒い

今がうりずん、か

今日観た映画『自虐の詩』
残念ながらか当然ながらか
原作の方が好み

自虐の詩 プレミアム・エディション

『嫌われ松子の一生』、『下妻物語』の
中島哲也監督だったら
どうみせてくれただろうかなんてこと
失礼ながら考えていた

原作も映画もラストが全てで
ラストでホロリ

幸も不幸もないというやつ

昨夜から今朝にかけて読んだ本
瀬戸内寂聴『老いを照らす』
老いを照らす (朝日新書 89) (朝日新書 89)

世阿弥の言葉
「命には終わりあり、能には果てあるべからず」
(『花鏡』)
自分なりに
よく生きよく死にたいと
思い出したように思う

※関連サイト
・自虐の詩


posted by くらげ at 23:41| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分なりに
よく生きよく死にたいと
思い出したように思う

そうですね。私もそう思っています。
よく生きるためには、日々を楽しむだけでなく苦手なことに挑戦することで何かを克服していくことも必要かな?
なんて考えながら暮らしています。

こちらでは桜が満開ですが、今日は冷たい雨が降っています。
うりずんの季節に沖縄に行ってみたいです。
Posted by ウーティー at 2008年03月31日 09:40
ウーティーさん

ときどき忘れるんですけど
理想的には
よく生きよく死にたいです

何かを乗り越えてくことも
ひとつの幸せなのかもしれないですね。

そういえば内地の現実の桜
しばらく見ていないなぁ・・・

今日の沖縄、肌寒いです
Posted by くらげ at 2008年04月01日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。