2005年08月02日

喜如嘉のカフェ「小春屋」と芭蕉布

沖縄本島で、芭蕉布の里といえば
大宜味村喜如嘉(きじょか)。
何度か通り過ぎたことがあるけど、
一度じっくり滞在したいと思っていた。
古い家並みに芭蕉の緑、
原チャリでぐるりと集落を1周しただけで、
すっかり気に入ってしまった。
懐かしい気持ちになった。

すっかりエントリーするのを忘れていたけど、
先月北部の旅の途中、
やんばるの自然に囲まれた
喜如嘉のカフェ「小春屋」に立ち寄った。
一見普通のどこにでもありそうな喫茶店。
でも、手作りのテラス席に座れば
真ん前は芭蕉畑。緑が眩しいほど。
ゆったりした時間が過ごせる。

cafe17.jpg

芭蕉ってバナナのことだと知ったのは、
沖縄に来てから。
実芭蕉が食用バナナ。
糸芭蕉が芭蕉布の原料になるらしい。
できればいつか芭蕉布づくりを経験してみたいのだが。。

「小春屋」のご主人に近くに滝があると教えてもらった。
店から1分ほど歩くと、神社の鳥居が見えてきた。
緑がうっそうと茂る薄暗い先に
七滝と呼ばれる滝があった。
そこだけスポットライトが当てられているよう。
光に包まれているみたいで、なんだか神々しい。
拝所として崇められているという。

cafe20.jpg

cafe21.jpg

今度喜如嘉に行く時は、芭蕉布会館も見学したい。
なぜか今まで休館日にばかり当たってしまっていた。

「小春屋」
住所:大宜味村喜如嘉2234
TEL:0980-44-3363
定休日:月・木曜日

「大宜味村立芭蕉布会館」
住所:大宜味村字喜如嘉454番地
TEL:0980-44-3033

※関連サイト
大宜味村WEBSITE


posted by くらげ at 21:31| 沖縄 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 沖縄のカフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「小春屋」いいですよね〜♪
暑い中、汗をかきかき
カレーうどんを食べた覚えがありますw
猫もいっぱいいて、猫好きの
私にはたまりませんでした〜♪
Posted by はるなつく〜 at 2005年08月03日 00:52
わああ、良い情報ありがとうございます、知らなかった・・・今度沖縄に行った時は必ず立ち寄ります、休館日以外に。

今「おしゃれ工房」でやっている沖縄特集観ては「いいなあ」と、よだれたらしています。
Posted by みちる at 2005年08月03日 07:58
私はバスで行きました。行動範囲が広いですねー。
Posted by ひとえ at 2005年08月03日 14:11
>はるなつく〜さん、
コメントありがとうございます。
猫、いましたいました。
ひさしに寝そべっていた猫は、
絵になっててかっこよかったのを覚えてます。

>みちるさん、沖縄に来た際はぜひ寄ってみてください。私も近いうちに今度こそ。
今日の「おしゃれ工房」もよかったですね。見慣れた風景がTVに映し出されているのを見るのも楽しいです。不器用だけど、紅型もいつかやってみたいなぁ。

>ひとえさん。
私は原チャリで普段行動してます。
北部まで原チャリでウロウロするのは、いい加減恥ずかしいですけど、
小回りきいて楽しいですよ。
若干強がりも入ってますが。。
Posted by くらげ at 2005年08月03日 22:51
私も小春屋2回行きましたが大好きです。
いつだったか、オオシマゼミの特徴ある鳴き声が印象に残りました。あ、あともちろん猫も(^^)
Posted by 山辺響 at 2005年08月04日 17:04
山辺響さん、こんばんは。
オオシマゼミの鳴き声は、
鐘の音に似ているなんて
セミの図鑑
http://homepage2.nifty.com/saisho/zukan/oshimazemi.html
というサイトに書いてありますね。
このサイトでは声も聴けて画像も見れました。普通のせみとの違いがイマイチよくわからないのですが、週末からヤンバルへ行く予定なので、注意してみますね。
特徴的な鳴き方するみたいですね。
またひとつヤンバルに行く楽しみが増えました。ありがとう。
Posted by くらげ at 2005年08月04日 21:10
小春屋で初めてオオシマゼミの鳴き声を聞いたときは、結構衝撃でした。よもやセミの鳴き声とは思いませんでした。なんか、人工的な音に聞こえましたね。店の人に、「あの音はなんですか?」と尋ねたら、オオシマゼミだと教えてくれて、「え? セミなの?」とびっくり。

その後、久米島や、本島だと座喜味城跡あたりでも聞きました。なんかなつかしーなー。

Posted by 山辺響 at 2005年08月05日 11:33
山辺響さん、こんばんは。
オオシマゼミ、
ますます楽しみになってきました。
たまに聴くのはいいですが、
人工的な音を朝早くから毎日やられたら、キツイかもしれないですね。

Posted by くらげ at 2005年08月06日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。