2005年07月25日

沖縄で「深呼吸の必要」。。

昨日「深呼吸の必要」という映画をDVDで観た。
最近の沖縄を舞台にした映画というと、
流行モノという印象で真剣に観る気がしなかったが、
監督が「月とキャベツ」の篠原哲雄監督。

深呼吸の必要

心になんらかの傷を持った7人の若者たちが、
内地から沖縄の離島にサトウキビ刈りのバイトにやってくる。
過酷で単調な作業を通して、達成感や一体感を味わう。
そして若者たちは自分たちの進む道を
見つけて旅立っていく。。
といった、まぁよくありがちなストーリー。

でも、独特のカラーと流れがあり、
期待通りというか。。予想以上に印象的な映画だった。

心が落ち着かない時、
自分がどんな呼吸をしているか意識してみる。
どうやらそんな時は、細切れで浅い呼吸をしているようだ。
落ち着こうと思うとよけいに焦ってしまう。
だから、思いっきり深呼吸する。
静かに深い呼吸を繰り返していると、
不思議と心が落ち着いてくるのがわかる。
最近少しだけ深呼吸の仕方が分かってきた。。。。

沖縄の自然や人々、島のリズムに心と体をあずけていると、
確かにいい呼吸がしやすい思う。
まぁ、別にどこだっていいのかもしれないけど、
沖縄という場所は、
自分自身を見つめたり、再スタートするには悪くない。

「この島には、逃げてくる人が多いんだ」というせりふがあった。
この映画に出てきた若者たち全員に共通する感覚。
でも、逃げたんじゃなくて、
やっぱり深呼吸の必要性を感じたから。
そして深呼吸する術を知ることで、
面白く、楽に暮らす術もわかってくるのかも。

この映画は、詩人・長田弘の詩集『深呼吸の必要』という
タイトルとの出会いが始まりだったという。
この詩集、読んでみたくなった。

ちなみに撮影場所は、宮古島と鹿児島の沖永良部島だそう。。

※関連サイト
深呼吸の必要オフィシャルサイト
・詩人・長田弘の著した詩集『深呼吸の必要深呼吸の必要


posted by くらげ at 23:48| 沖縄 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 沖縄の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまたの登場であつかましいかな、と思いつつ。「深呼吸の必要」の話題だったので。原作を10年以上前に読んで、以来、何度引っ越してもずっと持ち歩いている詩集です。装丁も素敵です。それに、映画に登場の吉田妙子さんは店にたまにいらっしゃいます。とてもいい映画だと聞いていたのに、私は今だに見ずじまいでいます。
Posted by ひとえ at 2005年07月26日 01:09
Posted by ひとえ at 2005年07月26日 01:14
ひとえさん、コメントありがとう。
あつかましいなんて思わないでくださいね。とってもうれしいです。

私も引越が多かったけど、
ずっと捨てられない本ってありますね。
私は写真集が多いかな。。

「深呼吸の必要」、
今日さっそく図書館で借りてきました。
明日の朝から、
この詩集を音読しようと思います。。
Posted by くらげ at 2005年07月26日 23:52
はじめまして、キョーコです。
先日、「深呼吸の必要」トラバさせていただき、私のほうもトラバしてくださってありがとうございました。

あの映画を見て、人間には、サトウキビ狩りでも、自分を探す場所が必要なんだな、と思ったと同時に、深く、深呼吸することも大事だなぁとつくづく思いました。

私も、沖縄、大好きですよ!!
5年前に行った、竹富島、波照間島、忘れられません!
Posted by キョーコ at 2005年07月27日 21:05
キョーコさん、
コメントありがとうございます。
ちょっと息切れした時は、少し立ち止まって深呼吸。「深呼吸の必要」、私自身も時々感じます。

また沖縄に深呼吸しに来てくださいね。。
Posted by くらげ at 2005年07月28日 00:12
くらげさん..こんばんは。
今日、「深呼吸の必要」見ました。
ありがちな内容だったけど、
なんだかジワジワ涙が出て良かったな。
ジワジワと言えば、「ジョゼと虎と..」も
ジワジワ、ジワッと涙が出てきて。

私、今まで邦画ってあまり見なかったのですが、
いいですね。今度は「誰もしらない」です。

ちなみに、「深呼吸..」のオバー、好きだな〜。
最初の脱落者を迎え入れるときのシーンなど、
鼻の奥がツーンとなったさ。
あんなオバーになりたいさ〜と思ったさ〜。
Posted by nina at 2006年01月20日 00:05
ninaさん、こんばんは。
ジワジワきましたか。よかった。
最近いい邦画が結構出てますね。
逆に洋画でこれといった作品にあたらない。
ninaさん おばぁになるのはまだまだ早いけど、何十年後かのninaさんのおばぁ姿、楽しみにしてますよ。

「誰もしらない」はお勧めですね。「トニー滝谷」はここ最近の一番っていうのは、、言い過ぎかな。
Posted by くらげ at 2006年01月21日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

深呼吸の必要。
Excerpt: 深呼吸の必要 おととい、この映画をレンタルして来て観た。前々からちょっと気になっていた作品だ。 舞台は沖縄。 サトウキビを刈るために、本土から5人が沖縄にやってきた。5人ともなんだかここ..
Weblog: メメント・モリ 
Tracked: 2005-07-26 11:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。