2005年06月13日

沖縄でへちま(ナーベーラー)を食す。

沖縄にナーベーラーの季節がやってきた。
ナーベーラーは6月から9月の夏限定の野菜。
待ち遠しかった〜。
なーべーらーとはへちまのことで、
内地ではタワシや化粧水でお馴染み。
でも沖縄では、へちま=ナーベーラーは食べるもの。

f007.jpg

先週までスーパーで2本で298円ででていたのが、
100円台前半まで値段が落ちてきた。
やっと庶民プライスになってきたので、
早速今年初のナーベーラーを食べることに。
「ナーベーラーンブシー(へちまの味噌煮)」もどきを
つくってみた。

f007.jpg

ナーベーラーには独特の青臭さがあるので、
しばらく水につけて臭みを取ると食べやすいと思う。
作り方は、、
ナーベーラーを炒め、だし汁と味噌、
豆腐を加えてしばらく煮込むだけ。
ナーベラーからたっぷりの水分が出てきて、
汁少なめのみそ汁のよう。
お好みの柔らかさになったら出来上がり。
私は比較的煮込んでトロトロする感じが好み。
ご飯にぶっかけて食べる。

ナーベーラーを初めて食べたのが料理教室。
そこでナーベラーにハマってしまい、
毎日のように食べていた時期があった。
夏の終わりにタワシになりかけのナーベーラーを食べて
しばらくの間、トラウマになったことがあったけど、
冬を越してすっかり回復したようだ。

味噌煮もいいけど、
タイカレーの具にナーベーラーはオススメ。

那覇港の中にある波布食堂の
ナーベーラーンブシー(生卵入り)は、
ボリュームたっぷり、アツアツですごくおいしい。

ゴーヤーは全国区になった。
そろそろナーベーラーもデビューしてほしいと思っている。

※参考サイト
ちゅら海 料理・ナーベーラーンブシー


posted by くらげ at 23:14| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 沖縄の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お料理コーナーへのリンクありがとうございます。
確かに、なーべらー=へちま=体を洗うモノ の構図になっていましたよね。
食べてみてビックリ、ホントに美味しかったです。猫舌の私には若干きつかったですが、・・・(笑)
Posted by yoshi at 2005年06月15日 00:54
yoshiさん、ありがとうございます。
勝手にリンクさせていただきました〜。
今年は何回ナーベーラー食べられるかなぁ。
くれぐれもタワシになりかけたのは注意してくださいね。
Posted by くらげ at 2005年06月15日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

な〜べ〜ら〜?
Excerpt: な〜べ〜ら〜?さあ、あなたはコレが何のことだか分かりますか?カテゴリーは食に分類されていましたが、想像つくでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・。 答えはヘチマです。 えっ? ..
Weblog: 沖縄に行く前に!
Tracked: 2006-06-25 04:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。