2005年05月18日

「桜坂劇場」は沖縄の文化をリードしていくか?

4月に閉館した「桜坂シネコン琉映」が
桜坂劇場」として7月に復活するという。
楽しみ。。

映画好きなのに、実はすっかり映画館離れしている。
新都心サンエーメインプレイス内に
映画館がオープンした時は、
週に1度は映画館で映画を見るぞと心に誓っていたけど、
結局未だ足を踏み入れていない。

どんな映画館に私の足は向くのだろうか??
映画館館から足が遠のくたびに考えた。

そんな時思い出すのが、
カナダ、トロントのバサーストストリートにある映画館のこと。

ワーキングホリデーのハシリのずいぶん昔、
私はトロントに1年間住んでいた。
そんなに大きなストリートではなかったけど、
映画館、レストラン、八百屋、パン屋、本屋にレコード屋、
全てが歩いてホンの少しのところにあった。
大きさでいったら、ちょうど国際通りぐらい。
違うのは観光客のストリートではなく
地元の人たちのストリートだったこと。

その映画館は、私の住むアパートの数件隣にあった。
毎日違う映画を上映していて、
物価は当時の方が高いぐらいの頃
1ドルから5ドルで映画が一本見れた。

私は週に2、3度通っていた。
毎日のように映画館の前は列が出来ていたが、
今でもあるのだろうか。
映画館は文化を発信する場。
安く、手軽に楽しめたらうれしい。
1000円、1500円では、なかなかいけない。。
そう思うのは私だけだろうか?

バサーストストリートの映画館で観た
今でも印象に残る映画が「mishima」

Mishima: A Life In Four Chapters (1985 Film)

三島未亡人の許可がおりず
未だ日本未公開という作品。
緒方拳が三島由紀夫役。
ビデオ屋さんにはあるらしいけど、
もう一度観てみたい。

「桜坂劇場」では、
映画上映を中心に映画監督や出演者などを招いた
トークショーやイベント、
ライブ会場としても活用するという。

私はあくまでも受け身の立場だけど、
無理しても地元民と大人が行きたくなる、
そんな空間だったらいいと思う。

※参考サイト
桜坂劇場 公式サイト
沖縄タイムス 桜坂映画館復活/7月開館
琉球新報 「桜坂劇場」で新装会館へ


posted by くらげ at 22:53| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。