2006年11月21日

沖縄ゆし豆腐の結び目

トックリキワタが
また飴玉みたいな
ピンクの花を満開にしている。

hana050.jpg

もう1年たったんだっけ?

12ヶ月が過ぎていくのが
やけに早いと。。

トックリキワタの
ライフサイクルを愛でつつ
こっちは、相も変わらず開花もせず
これといった変化もなく過ごしていて

このところ飽くことなくトーフを食べ続けている。

で、連日食べていると
沖縄に来た当初、気になっていたことが
また、気になりはじめた。。

ゆし豆腐の袋の結び目のこと

f025.jpg

なんであんなにキツイのか。

最初は
包丁で袋に穴開けたり
底の方をハサミで切ったりして
鍋に中身をドバァ〜とあけていたけれど

毎回失敗して
床やらテーブルやらを汚す羽目になる。

で、この頃は

結び目に箸を捻じ込んだり
回転させたりしながら
結び目を5分ほどかけて
丁寧に律儀にコツコツと
柄にもなく解いているのだが。。

地元民から、
ゆし豆腐の袋について
特に不便だという声も聞いたことがないし
そのスタイルは不動のものであるということは・・

もしかして
もっと簡単に結び目が解ける方法があるのかしら、と。

こんなことを
来沖以来ずっと悩み続け
いまだ誰にも相談していなかったりしていたことを
最近思い出した。


posted by くらげ at 20:53| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう云えばそうですね。
確かに不便!
それをメーカーに届けないのが
沖縄民らしい…

いまだ誰にも相談…
最近思い出した。

くらげさんリッパナうちなんちゅです^^
Posted by kuuta at 2006年11月22日 01:17
お久しぶりぃo(> <)o

ゆし豆腐の袋...
弾けそう位パンパンにして、
袋の中の柔らかい豆腐を崩さないようにしてるそうです。
袋の口をキツイのも、袋の張りを作るためらしい...
市場のオバァ達の話(^o^)/
Posted by kaorin at 2006年11月22日 07:03
>kuutaさん
うちなんちゅのkuutaさんに
そんな風に言ってもらえて光栄で〜す。
しかし、私はなに人なんだろう・・と時どき・
メーカーにクレームする以上に
この形体にメリットがある
ということなんですかね。

それにしても
沖縄に来たばかりのころは
ゆし豆腐があんな風にダイナミックに店頭に
並んでいることに
正直驚きましたね。
今は、すっかり平常心ですが。

>kaorinさん
お久しぶりです。
kaorinさんのとこにも
相変わらずお邪魔してるのですが、
オトサナクテすみません。。
それにしてもゆし豆腐の袋って
なるほど〜、な仕組みなんですね。
パンパンに張りがあるからこそ!
先日購入したゆし豆腐は、
食パンの袋用の止め具を使用してましたが
確かに水分がもれて
中身が崩れてました。
あの袋には
それなりのわけがあったんですね。
納得しました〜。
長年のもやもやがすっきりしました
ありがと。
しかし、あの風船みたいな
あの形体、変わってほしくないと
強く思いましたね。
これからも、結び目と格闘します。
Posted by くらげ at 2006年11月22日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。