2005年03月27日

3匹の捨て犬@沖縄.玉城村.山の茶屋前方ビーチ

階下に住む大家さんちの犬たち(雌のシロと雄のクロ)
の吠える声で夜中に飛び起きた。

ダレに叫んでるのか知らないが、
酔っ払いの男が「降りてこいよ〜!」と繰り返す。。
その声に反応して優秀で凶暴な大家さんちの番犬
シロとクロが狂ったように吠えまくる。
すっかり目が覚めてしまった。。

おかげで坐禅道場では、危うく居眠りしそうになる。。

昼食後、南部のカフェを目指し原チャリを走らせる。
ツレは現在禁煙2ヶ月経過。
今まで禁煙のCAFEでは落ち着かないと、
玉城村の山の茶屋「楽水」に入るのをためらっていたが
やっと、禁断症状から解放されたようなので
「楽水」に行きたいという。
「楽水」は人気カフェ「浜辺の茶屋」の姉妹店。

「楽水」に入る前に、店の前にあるビーチを散歩してみた。
そこで見かけたのが3匹の小型犬たち。
色違いの手作り風首輪をしていて、
とってもお行儀が良かったので
てっきり飼い主が近くにいるかと思ったのだが、
どうも違うようだ。

犬01

よく見るとやせ細っていて、ちょっと汚れていて
草を食べていた。
人に近寄ってはくるが、
ある程度の距離までくるとぺったっと横になる。
3匹とも力がない様子。

犬02

3匹の犬を後にして「楽水」に入る。
窓からちょうど真正面に
小さく犬たちがいるのが確認できる。
相変わらず観光客に近づいたり、
べったり横になったりしている。。

楽水

帰り間際「楽水」のスタッフに犬のことを聞いてみた。
このあたりは犬を捨てていく人がとっても多いので
たぶん捨て犬でしょうとのこと。
保健所の人がよく捨て犬の保護に来ているらしい。。

私自身は、愛犬家でもなく、
どちらかというと動物が苦手なほう。
面倒見切れないのがわかってるから、
飼ってあげることはできないけど。。
かわいそうだったなぁ。

山の茶屋「楽水」
住所:玉城村字玉城19-1
TEL:098-948-1227
営業時間:11:00〜7:00(月・火・水/11:00〜15:00)
定休日:木曜日


posted by くらげ at 22:54| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄のカフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偶然このページにたどり着いて驚いています!!実は、その3匹の犬を同じ場所で見かけ、いたたまれず一時引き取りました。あまりにもかわいく愛らしい子犬たち。ぼくも東京を拠点にしているので、何とか飼い主を見つけてあげようと、宮本亜門さんの家でやる海楽のイベントで、その3匹をかわいがってくれる人を探したのです。そしたら、捨て犬を拾っては、愛犬家に譲る運動をされている動物病院のお医者さんに引き取っていただくことになりました。あのあと、あの3匹がどうなったかは不明ですが、きっとお医者さんによって、誰かに引き取られていったと思います。
心から喜んで、彼らが幸せにいきていけるように祈っています。
悲しいかな、沖縄ではこんなに美しい海でも人間のエゴで、犬が捨てられることが多いです。その後も迷い犬や、捨て犬らしき犬を何度も見かけました。とても心が痛いです。できることは、なるべく多くの方にこの状況を知ってもらって、もう一度モラルを考えてもらえたらと思い、ここに書き込みました。

長々となりましたが、少しでも多くの犬達が幸せになりますように・・・
Posted by きょん at 2005年07月11日 16:58
きょんさん、はじめまして。

3ヶ月以上も前にエントリーした記事でしたが、見つけてくださってうれしいです。
ありがとうございました。
それもあの犬たちを引き取っていた方からコメントをいただけるなんて、思ってもいませんでした。

私は、かわいそうと思うだけで、行動にはうつせませんでしたが、寄り添い健気に生きていた3匹の姿が印象的で、ずっと気になっていました。
その後あの場所に戻った時は、もう犬たちの姿はありませんでしたが、きょんさんだったんですね。。

きょんさんのおかげであらためて命について考えました。
人間だろうと、動物だろうと命は大切。
かけがえのないものです。
Posted by くらげ at 2005年07月11日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。