2012年03月18日

子どもと哲学と焼肉と

今週は比較的順調である
休む日は休む・・に徹している・・
といっても
なんだか物悲しい気分


ウォーキングのあと、映画を観に行ったのだ
今月いっぱいの無料券があった
人が少ない映画館は
なんとも贅沢なのだ・・



観たのは「ちいさな哲学者たち」。フランス映画
ちいさな哲学者たち [DVD]

子どもが主人公だと
しょっぱなから分けもなく泣けるのである。
まったく泣くところではないのに・・
人はみんな子どもだったのだ



しかし子どもの発想はすごい
この世に生まれてたった4,5年というのに
しっかり意見をもっている
まっ、
中には、居眠りしている子もいてほっとするのだが
私はきっとこっちタイプでちんぷんかんぷん・・

愛、自由、死・・・

大人になると、妙な枠でがんじがらめになって
つまんないことしか言えなくなるのか

でもたった4,5年
社会や文化の影響は色濃い

人種的なものは、どうしてなんだろう

しかし
映画を観に行くとなると
ドキュメンタリーになりがちで
次は
想田 和弘監督の「Peace」を観に行きたい

今まで2作順調に観ているのだ

さて

今日は早めの夕食で
ちょっとした区切りで
焼肉を食べに行った。

b0025.jpg

早めに入店するとビールが安かったりで
飲み過ぎて食べ過ぎた
たまにはタンパク質も必要でしょう




posted by くらげ at 21:36| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。