2006年10月13日

夢日記1013

始まりとか終わりとか
何らかの節目には
クリアな夢を見ることが多いらしい。

t0195.jpg

昨夜の夢はこんな感じ。。

那覇マラソンなど
体に悪いからと
さらさら出る気はなかったはずだったのに

マラソン当日
ウェアに着替え、シューズを履き、会場に向かっていた。

走りだすと
人間の大人ほどの大きさの犬が
おんぶするみたいに
ぴったりと背中にまとわりついてきた。

なんだか走りにくいし
うざいなぁと思いながらも走り続ける。

途中、なにやら犬が耳打ちしてくるのだが
何を言っているかわからない。

それでも

なぜかほっとして
安心して、幸せな感じに包まれているようだった。。

この夢を自分なりに解釈してみると。。

マラソンというのは
体力や忍耐力等が必要で、孤独なスポーツである。

つまり、自分にとって
普段より忍耐力が必要な何かが始ろうとしていて

自分なりに
気力や体力を整え
あらたな気持ちで
その何かに
たったひとりで
立ち向かおうとしている。

ひとりで
完結したほうが楽だし
煩わしくない。

それでも、やっぱりひとりよりも
だれか支えになる人を求めたり
時に他力に身をまかせることも
必要だということは自覚しているらしい。。

夢って案外正直だ。

手をかえ、品を変え、
心の奥底で気になっている事象を
毎夜、夢の中に投影しているようなのだ。

※参考サイト
那覇マラソン


posted by くらげ at 21:31| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 夢にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明瞭な分析さすがです(^0^)/夢ってホントにオモシロイですね☆しかし!那覇マラソンに出場するなんて私には考えられないけど、友人は夫婦で参加します(^_^;)素直にスゴイなぁ〜と思う訳で。。私は今年も応援部隊に徹しま〜す。
Posted by うみうなぎ at 2006年10月14日 10:00
うみうなぎさん
人の夢のことはよくわからないのですが
自分の夢を分析してみると
「なるほど〜」
と、気づくことが多いんです。
ひとりよがりかもしれないけれど
言葉にならない
ぼんやりしていたことが
夢によって
意識化されたり・・とかね。
那覇マラソン
絶対いやだとかいいながら
挑戦したいという気持ちもあったり
まぁいろいろです。
夫婦で参加なんて
楽しそうですね。
Posted by くらげ at 2006年10月14日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。